オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-5Dの画像
 解説 

A-5をベースに改良を施したプリメインアンプ。

イコライザアンプにはローノイズFETによる差動入力+高精度オペアンプICを採用しています。
さらに、RIAA素子には誤差が±1%の金属被膜抵抗と±2%のPSコンデンサを採用することですぐれた特性を得ています。
また、フロントのPhonoスイッチ切換によりMCカートリッジにも対応しています。

パワーアンプ部では、電圧増幅段に高信頼性のハイブリッド型IC、電力増幅段にはディスクリートの3段ダーリントン接続のSEPP-OCLを用いたDC構成となっています。

電源部には10,000μFのオーディオ用ケミコンと容量の大きなトランスを採用しており、増幅格段の安定した動作を可能にしています。
また、微細な信号を扱うプリアンプ部には特に安定化電源を採用したりランプ用に別巻線で定電圧を送るなどの注意が払われています。

保護回路には、スピーカーにとって有害なDC電圧が発生した場合に自動検出するスピーカー保護リレーや、PCリミッタ回路などを設けています。

トーンコントロール回路にはヤマハ独自のNF-CR型を採用しています。さらに、新開発のボリュームを採用することで素直な特性が得られるようになっています。
このトーンコントロール回路には、ソリのあるレコードなどから発生する有害な超低音をシャープにカットしてスピーカーを保護するサブソニックフィルターを内蔵しています。

ラウドネス回路には、実際に聴く人の耳を基準にしてコントロールできるようにしたコンティニュアスラウドネスを搭載しています。

テーpウヒスやスクラッチノイズなどをカットするため、ハイフィルターを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力(0.01%歪) 20Hz〜20kHz:60W+60W(8Ω)
1kHz:65W+65W(8Ω)
パワーバンド幅 10Hz〜50kHz(30W、8Ω、0.05%歪)
ダンピングファクタ 80(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:160μV/100Ω
Tuner、AUX、Tape:150mV
最大許容入力(0.01%) Phono MM:150mV
Phono MC:8.0mV
出力電圧/インピーダンス Rec Out:150mV/470Ω
Headphone(0.01%):0.9V/8Ω、7V/100Ω
周波数特性 AUX、Tape、Tuner:20Hz〜20kHz -0.2dB
RIAA偏差(30Hz〜15kHz) Phono MM:±0.3dB
Phono MC:±0.5dB
全高調波歪率(20Hz〜20kHz) MC→rec out(3V):0.01%
MM→rec out(3V):0.005%
AUX、Tape、Tuner→sp out(8Ω、1W):0.01%
残留ノイズ(IHF-A) 210μV以下
SN比(IHF-Aネットワーク) Phono MM:86dB
Phono MC:70dB
Tuner、TV、AUX、Tape:104dB
残留ノイズ(Volume Min、IHF-A) 120μV以下
チャンネルセパレーション(Volume -30dB) MM(ショート):80dB
MC(ショート):80dB
Tuner(5.1kΩ):80dB
SN比(IHF-Aネットワーク、入力ショート) Phono MM:86dB
Phono MC(250μV換算):70dB
AUX、Tape、Tuner:100dB
トーンコントロール特性
ターンオーバ周波数 Bass:350Hz
Treble:3kHz
最大可変幅 Bass:±10dB(50Hz)
Treble:±10dB(20kHz)
フィルタ特性 ローフィルター(内蔵):10Hz、12dB/oct
ハイフィルター:10kHz、12dB/oct
コンティニュアスラウドネスコントロール 最大補正量(1kHz):-20dB
使用半導体 トランジスタ:19個
IC:3個
FET:4個
ダイオード:16個
ACアウトレット switched:2系統、90W
unswitched:1系統、200W
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 150W
外形寸法 幅435×高さ112×奥行299.5mm
重量 7kg