オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-500の画像
 解説 

ZDR回路などのヤマハの回路技術を投入して開発されたプリメインアンプ。

ヤマハ独自のZDR(ゼロディストーションルール)回路を搭載しています。
この回路は歪検出回路と加算回路の2つで構成されており、終段でブリッジ構成によって歪成分だけを取り出し、入力側に戻して歪の発生を抑えています。NFBなどの歪低減技術では音楽信号成分が混ざっていたものを帰還していたのに対し、ZDRでは歪成分だけをフィードバックさせることで、原理的に歪だけを抑える効果を得ています。また、スピーカードライブ時に発生する逆起電流による歪もリアルタイムにゼロにしています。

プリアンプ部にはFET差動入力DCサーボ方式で構成されており、さらにヤマハ独自のピュアカレントダム方式を採用しています。
このピュアカレントダムは、ピュアカレントダムによって電源から常に一定の電流がアンプに供給されることで、アースラインや電源ラインに信号電流が流れるのを防いでいます。これにより電源ラインやアースラインに不可避的に存在するノンリニア(配線や異種金属結合)や電源内部のノンリニア(ケミコン箔の振動やダイオード、トランス等)の悪影響を抑えています。

MCイコライザーアンプを搭載しています。

電源部には12,000μF×2の電解コンデンサを採用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力 70W+70W(20Hz〜20kHz、8Ω、歪0.007%)
周波数特性 20Hz〜20kHz -0.2dB(Phono MM → Rec out)
RIAA偏差 ±0.2dB(MM)
±0.3dB(MC)
全高調波歪率(20Hz〜20kHz) MM:0.003%
MC:0.005%
SN比(IHF-Aネットワーク) MM:86dB
MC:69dB
パワーバンド幅 10Hz〜50kHz(8Ω、35W)
入力感度 MM:2.5mV
MC:160μV
最大許容入力 MM:150mV
MC:10mV
トーンコントロール Bass:±10dB(350Hz)
Treble:±10dB(3.5kHz)
付属回路 オーディオミューティング
サブソニックフィルター
コンティニュアスラウドネス
レックアウトセレクタ
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 130W
外形寸法 幅435×高さ112×奥行327mm
重量 7.3kg