オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-5の画像
 解説 

スリムなプロポーションにDCパワーアンプに代表される技術を投入したプリメインアンプ。

回路構成は、ローノイズトランジスタによる差動増幅回路採用のイコライザアンプ、入力差動-終段SEPPの低歪率ICを採用したヤマハ独自のNF-CR型トーンコントロールアンプ、ローノイズDualトランジスタによる差動入力、ピュアコンプリメンタリSEPPOCLのDCパワーアンプという構成になっています。
各ユニットは測定限界が0.00005%というコンピュータとスペクトラムアナライザを組合わせたHP-IBシステムで解析され、すべて±2電源方式で、入力差動→出力段コンプリメンタリSEPPで構成されています。

イコライザアンプは初段カレントミラ差動増幅、二段目エミッタ接地増幅、終段A級ピュアコンSEPP-OCLとなっています。
A-5では、Phono SWによりMMとMCを切り換える事でMCカートリッジにも対応しています。

パワーアンプ部は初段ローノイズDualトランジスタによるカレントミラ差動増幅、プリドライブ段エミッタ接地増幅、終段ダーリントン接続ピュアコンSEPP-OCLという構成になっています。

トーンコントロールにはコントロール特性が素直で低歪率なヤマハ独自のNF-CR型トーンコントロールを採用しています。
コントロール特性は、Bassがターンオーバ周波数500Hzでコントロール幅は20Hzで±10dB、Trebleがターンオーバ周波数3kHzでコントロール幅は20kHzで±10dBとなっています。

アンプが演奏しているプログラムに関係なくRec Outへの信号を選ぶ事が可能です。

超低域をカットするサブソニックフィルターを搭載しています。
15Hz、12dB/octとなっています。

ラウドネススイッチを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力 40W+40W(20Hz〜20kHz、8Ω、0.02%)
パワーバンド幅 10Hz〜70kHz(20W、8Ω、0.05%)
ダンピングファクタ 50以上(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ(220pF)
Phono MC:250μV/100Ω
Tuner、TV、AUX、Tape:150mV/47kΩ
最大許容入力 Phono MM:200mV以上(1kHz、0.005%)
Phono MC:20mV以上(1kHz、0.05%)
出力電圧/インピーダンス Rec Out 1、2:150mV/600Ω(12V最大)
周波数特性 Phono MM→Rec Out:20Hz〜20kHz、±0.2dB
Phono MC→Rec Out:30Hz〜20kHz、±0.5dB
Tuner→SP Out:4Hz〜100kHz、+0 -2dB
全高調波歪率(20Hz〜20kHz) Phono MM→Rec Out:0.005%以下(3V)
Phono MC→Rec Out:0.05%以下(3V)
Tuner→SP Out:0.007%以下(20W、8Ω)
Phono→SP Out:0.01%以下(20W、Volume-30dB)
全高調波歪率(1kHz) Phono MM→Rec Out:0.003%以下(3V)
Phono MC→Rec Out:0.005%以下(3V)
混変調歪率(8Ω、20W) AUX→SP Out:0.005%以下(70Hz:7kHz=4:1)
SN比(IHF-Aネットワーク) Phono MM:86dB
Phono MC:70dB
Tuner、TV、AUX、Tape:104dB
残留ノイズ(Volume Min、IHF-A) 120μV以下
N.D.C.R(0.1%歪) Phono→SP Out:10mW〜40W(Volume -20dB、1kHz)
トーンコントロール特性
ターンオーバ周波数 Bass:500Hz
Treble:3kHz
最大可変幅 Bass:±10dB(120Hz)
Treble:±10dB(20kHz)
サブソニックフィルター 15Hz、12dB/oct
ラウドネス特性(Volume -30dB) 70Hz:+9dB
1kHz:+2dB
10kHz:+7dB
チャンネルセパレーション Tuner→SP Out:65dB(1kHz、5.1kΩ)
ヘッドホン出力/インピーダンス 8Ω負荷定格出力時:50mW(220Ω)
サービスコンセント 連動×2、非連動×1
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 115W
外形寸法 幅435×高さ112×奥行338mm
重量 7.8kg