オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-3の画像
 解説 

A-1に続くDISCストレートDCアンプの第二弾として開発されたプリメインアンプ。

イコライザ回路は、初段にカレントミラーカスコードブートストラップ差動増幅、二段目にエミッタ接地増幅、終段にAクラスピュアコンプリメンタリーSEPP-OCLで構成されています。
カレントミラー回路は充分なゲインを得るとともに二つのトランジスタが一種のプッシュプル回路の働きをして偶数次の高調波歪を打ち消す働きをします。さらにカスコードブートストラップ回路により、MM型カートリッジを接続した場合に周波数によって信号源インピーダンスが大幅に変化しても歪率の劣化は少なく抑えられます。
また、RIAA偏差については誤差1%の抵抗と2%のコンデンサを使用することで±0.2dBの高精度を実現しています。

MCヘッドアンプにはA-1等と同一の構成となっており、新開発ローノイズトランジスタを採用しています。

DISCスイッチを搭載しており、スイッチをONにすればレコードがイコライザ→DCハイゲインパワーアンプという非常にシンプルな信号経路を通して聴く事ができます。

負荷抵抗を3段階切換できるPhonoセレクターを搭載しており、種々のカートリッジに対応しています。
また、ヘッドアンプの必要の無い高出力タイプMC型カートリッジ用の100Ωポジションも搭載しています。

パワーアンプ部は基本的にA-1と同じ構成となっており、初段にはローノイズDual FETカスコードブートストラップカレントミラー差動増幅を採用しており、プリドライブ段はダーリントン接続、出力段はダーリントン接続SEPP-OCL回路で構成されています。このDCパワーアンプは入力感度が300mVと通常の設計のアンプに比べて約3倍も感度が高くなっています。また、DCアンプで特に問題となる中点電圧のドリフトを、電気的温度的諸特性の良く揃ったFETを1つのパッケージに収めたDual FETを用いて少なく抑えています。
各ステージに使用されているトランジスタはヒアリングによって厳選されたリニアリティの良い素子を採用しています。

トーンコントロール回路には初段差動→プッシュプル構成のICを採用しています。この回路はDISCスイッチOFF時に使用できます。
A-3のトーンコントロール回路はヤマハ独自のNF-CR型回路を採用しています。また、セルフディフィート方式のためセンターポジションでは時定数を持つ素子が信号経路から外れ、正確にフラットになります。
ターンオーバー周波数はBass・Trebleそれぞれ2段階切換が行えます。

サブソニックフィルターを搭載しています。

Rec outセレクターを搭載しており、アンプが演奏しているプログラムに関係なくRec outへの信号を選ぶことができます。
また、テープデッキを2台でき、相互ダビングも可能です。

電源回路には大容量トランスと10,000μF×2の電解コンデンサーを採用しています。
さらに、電解コンデンサの限界を補うべくメタライズドポリエステルフィルムコンデンサをパラレルで接続し、電源インピーダンスの上昇を抑えています。

出力トランジスタのASO領域を検出し過負荷や出力ショートの場合にパワートランジスタを保護するPcリミッタとスピーカー保護回路を搭載しています。

スピーカースイッチを搭載しており、レコードに針を降ろす時のノイズからスピーカーを保護しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力 55W+55W(8Ω、20Hz〜20kHz、歪0.05%)
全高調波歪率(20Hz〜20kHz) Phono1 MM - Rec out:0.005%以下(3V)
Phono2 MC - Rec out:0.05%以下(1.5V)
Tuner - SP out:0.02%以下(8Ω、27.5W)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) Tuner - SP out:0.01%以下(8Ω、27.5W)
パワーバンド幅 10Hz〜40kHz(8Ω、27.5W、歪0.05%)
ダンピングファクター 50以上(8Ω、1kHz)
周波数特性 Phono - Rec out(RIAA偏差):20Hz〜20kHz ±0.2dB
Aux、Tuner、Tape - SP out:10Hz〜100kHz +0 -2dB(8Ω)
入力感度 Phono1 MM:2.5mV(180pF)
Phono2 MC:60μV
Aux、Tuner、Tape:150mV
入力インピーダンス Phono1 MM:100Ω、47kΩ、68kΩ、100kΩ
Phono2 MC:10Ω
Aux、Tuner、Tape:47kΩ
最大許容入力 Phono1 MM:250mV以上(1kHz、歪0.01%)
Phono2 MC:5mV(感度60μV、1kHz、歪0.05%)
DISC ON時のレベル -6dB
出力レベル/インピーダンス Rec out:150mV/600Ω
トーンコントロール特性
ターンオーバー周波数  Bass:
Treble:
最大可変幅  Bass:
Treble:
500Hz、125Hz
2.5kHz、8kHz
±10dB(20Hz)
±10dB(20kHz)
サブソニックフィルター 15Hz、12dB/oct
SN比(IHF-Aネットワーク) Phono1 MM:86dB以上
Phono2 MC:70dB以上
Aux、Tuner、Tape:104dB以上
残留ノイズレベル
(IHF-Aネットワーク)
DISC on:60μV以下
DISC off:130μV以下
NDCR(Phono1 MM - SP out、1kHz、
歪0.1%、Vol-20dB)
DISC on(IHF-Aネットワーク):2mW〜55W
DISC off(IHF-Aネットワーク):8mW〜55W
ヘッドフォン出力 68mW(8Ω定格出力時)
付属機構 Phono1 MM、Phono2 MCインジケーター
2系統Tape端子
Rec outセレクタ
出力トランジスタやスピーカー用保護回路
ACアウトレット3系統(switched×2、unswitched×1)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 160W
外形寸法 幅435×高さ144×奥行362mm
重量 9.6kg