オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-2000aの画像
 解説 

ピュアA級アンプとハイパワーのAB級アンプ(ブートストラップアンプ)とのコンビネーションによるDual Amp Class A with ZDR回路を搭載したプリメインアンプ。
出力段で発生するわずかな歪成分もZDR回路でキャンセルしています。

ヤマハ独自のRICHNESS回路を搭載しています。
NS-2000専用、NS-1000x・NS-1000M、汎用の3ポジションで聴感的に最も自然な1オクターブ幅で低域f特を補強しています。

電源部のコンデンサには音質重視の立場から、多分割箔マルチ端子構造のオーディオケミコンを採用しています。電流増幅段に片ch55000μF×2、電圧増幅段に片ch4700μF×2の両chで合計約24万μFという大容量となっています。
また、プリアンプ部、パワーアンプ部独立のトランスを採用することで、ダイナミックな負荷変動があるときも安定した電力供給を可能にしています。
さらに、アースに電源を流さないノンカレントアース+ワンポイントアースとすることで、出力信号の変調やフラツキを解消し、増幅安定度を維持しています。

ボリュームには、フラットアンプの前後で絞り込む精密4連ボリュームを採用し、実使用S/Nを改善して小音量時にもノイズを抑えています。

銅メッキシャーシ、無酸素銅線材、金メッキピンジャック端子など、クォリティパーツを投入するなど、音質の向上を徹底しています。

外観には、無垢アルミ削り出しボリュームノブ、シーリングパネル内ツマミ、ポリ塗装リアルウォルナットのサイドパネルなどを採用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力(20Hz〜20kHz) 150W+150W(6Ω、歪0.003%)
130W+130W(8Ω、歪0.003%)
パワーバンド幅 10Hz〜100000Hz(65W、8Ω、歪0.02%)
ダンピングファクタ 200以上(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono1 MC:100μV/100Ω、1kΩ
Phono1 MM:2.5mV/47kΩ(220pF、330pF)100Ω
Phono2 MM:2.5mV/47kΩ 220pF
AUX:150mV/47kΩ
Main In:1V/100kΩ
全高調波歪率 MC:0.004%
AUX:0.003%
Main In:0.002%
RIAA偏差 MM、MC:20Hz〜20000Hz、±0.2dB
S/N比(IHF-A) MC:83dB
MM:88dB
リッチネス 1:+7.5dB、30Hz
2:+7.5dB、40Hz
3:+7.5dB、50Hz
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 420W
外形寸法 幅473×高さ169×奥行464mm
重量 26kg