オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-1の画像
 解説 

シンプルなデザインとストレートDC&DC構成を採用したプリメインアンプ。

A-1の回路構成は、DISCスイッチON時はローノイズMCヘッドアンプ-DCイコライザアンプ-DCハイゲインメインアンプというシンプルなものとなります。また、DISCスイッチOFF時はシーリングパネル内に納められている全てのファンクションがセレクトでき、0dBゲインのトーンコントロール回路も必要に応じて使う事ができます。
この回路構成は通常トーンアンプに受け持たせている20dB前後のゲインをハイゲインのメインアンプに受け持たせることで実現しており、ストレートDC構成時はDCイコライザアンプとDCメインアンプの間には1個のフィルムコンデンサが入るだけとなります。

イコライザ回路は入力回路のコンデンサとNFB回路の電解コンデンサを排除したDCアンプ構成となっています。初段にはヤマハオリジナルのスーパーローノイズDual FETによるカレントミラーカスコードブートストラップ回路を採用しています。また、出力段はトランジスタによるSEPP回路で出力インピーダンスは600Ωと十分に低く設計し、十分な負荷安定度を得ています。
また、Rec outに電源ON-OFF時のポップノイズを防止するミューティングリレーを採用しています。

MM型カートリッジはアンプの入力インピーダンスによって周波数特性が異なり、カートリッジによって最適負荷抵抗も異なります。そこでA-1では、リアパネルのCartridge Load端子に付属のCartridge Loadプラグ(47kΩ、68kΩ)を差し込むことで所定の負荷抵抗値を得ています。また、Cartridge Loadプラグを差し込まない場合は100kΩとなります。

メインアンプ部は入力感度が200mVに設計されているため、通常のメインアンプに比べて約20dB近くゲインが高くなっています。
回路構成は、初段はヤマハオリジナルのローノイズDual FET差動増幅で、プリドライバ段はカレントミラー負荷差動増幅回路、バッファアンプはエミッタフォロア、そしてダーリントン接続SEPP OCLのDCアンプ構成となっています。
DCアンプで問題となる中心電圧のドリフトに対しては、電気的・温度的諸特性の良く揃ったFETを1つのパッケージに収めたヤマハオリジナルDual FETを採用すると共に、回路構成や部品配置を十分検討することで対策しており、中点電圧の温度ドリフトや時間ドリフトを少なく抑えています。
また、各ステージに使用しているトランジスタにはfTが高くリニアリティの良い素子を厳選して使用しており、特に出力段のトランジスタにはコンプリメンタリー特性の良く揃ったものを採用し、大型ヒートシンクに取付け、可聴帯域をこえて十分に低歪率に仕上げられています。

MCヘッドアンプ部にはローノイズ素子を使用しており、高いSN比を実現しています。

トーンコントロール回路にはコントロール特性の素直なヤマハ独自のNF-CR型を採用しています。
このトーン回路は10Hz・12dB/octのサブソニックフィルターを兼ねており、コントロールツマミをフラットのポジションにしておけば、サブソニックフィルタのみを動作させることができます。

電源回路には容量の大きな2つのトランスを採用しており、それぞれのリーケージフラックスをキャンセルするように配置してパラに接続しています。また、コンデンサには音質に吟味した18,000μF×2の大容量コンデンサを採用しています。さらに、2.3μFのメタライズドマイラコンデンサをパラに接続することで電源インピーダンスを下げています。

保護回路はPCリミッタによるトランジスタ保護回路とスピーカー端子のDC成分検出によるミューティングを兼ねたスピーカー保護回路を搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力 80W+80W(4Ω、20Hz〜20kHz、0.05%)
70W+70W(8Ω、20Hz〜20kHz、0.02%)
全高調波歪率 Phono MM - Rec out:0.005%以下(8V、20Hz〜20kHz)
Phono MC - Rec out:0.01%以下(2V、20Hz〜20kHz)
Tuner - SP out:0.01%以下(35W、20Hz〜20kHz)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) Tuner - SP out:0.003%以下(8Ω、35W)
パワーバンド幅 10Hz〜50kHz(8Ω、35W、歪0.03%)
ダンピングファクター 100以上(8Ω、1kHz)
周波数特性 Tuner、Aux、Tape - SP out:20Hz〜20kHz +0 -0.2dB(8Ω)
Tone off:10Hz 0±0dB、100kHz +0 -2dB
Tone on:10Hz -4±0.5dB、100kHz +0 -2dB
RIAA偏差 20Hz〜20kHz ±0.2dB
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ標準(200pF)
Phono MC:60μV/10Ω
Tuner、Aux、Tape:200mV/47kΩ
最大許容入力(1kHz、歪0.01%) Phono MM:230mVrms
Phono MC:6mVrms
トーンコントロール Bass:350Hz、±10dB(20Hz)
Treble:3.5kHz、±10dB(20kHz)
出力レベル/インピーダンス Rec out:200mV/600Ω
Pre out:2V/600Ω
ノイズレベル・SN比 Phono MM(IHF-A network):85dB以上
Phono MC(IHF-A network):70dB以上
Tuner、Aux、Tape:112dB以上(Tone off)
            105dB以上(Tone on)
残留ノイズ Disc on・Tone off:50mμV以下
チャンネルセパレーション(1kHz) Tuner - SP out:70dB以上(入力5.1kΩ)
Phono MM - SP out:75dB以上(入力5.1kΩ、Vol-30dB)
Phono MC - SP out:75dB以上(入力ショート、Vol-30dB)
NDCR Phono - SP out 歪0.1%、Vol-20dB
IHF A network 6mW〜70W
ヘッドホン出力 39mW(8Ω、定格出力時)
ACアウトレット switched:2系統、total100Wmax.
unswitched:1系統、100Wmax
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 215W
外形寸法 幅435×高さ117×奥行381mm
重量 15.8kg