オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

QL-Y5の画像

VICTOR QL-Y5 \69,800(1981年頃)

解説
QL-Y7型の開発技術を受け継ぐEDサーボアームを搭載したレコードプレイヤーシステム。

トーンアーム部にはED(エレクトロ・ダイナミック)サーボ・トーンアームを採用しています。
このトーンアームには水平・垂直両方向の動きを制御する2組のコアレス・リニアモーターを搭載しており、アームの振動を電気信号に変換して駆動回路にフィードバックし、リニアモーターによって逆方向のトルクを与えて振動を抑えています。これにより低域共振や他の様々な外乱によって生じるラームの振動を制御しています。しかも、機械的な摩擦が無いため、軸受の感度を損なう心配がありません。
また、アームの調整もボリュームの目盛りを針圧と同じ値に合わせるだけで良く、レコードをかけながら最適ポイントを探すことも可能です。

アームの操作にはスイッチによるソフトタッチオペレーションを採用しており、カートリッジ交換とアームレスにロックする時以外はアーム本体に手を触れる必要がありません。
また、無接触電子制御を採用しているため、アームやターンテーブルに負担をかけずにオートリターンや途中でのリジェクトが可能です。そして、マニュアル操作も可能です。

ターンテーブル部にはダブルサーボクォーツ回路を採用しており、安定度を従来の30倍に高めています。また、モーターには回転振動が極度に少ないコアレスタイプを採用しており1kg-cmのトルクで静かな動作を可能にしています。

ヘッドシェルにはNR(Non Resonance)ヘッドシェルを採用しています。
このヘッドシェルはコネクター部と本体が一体加工されており、カートリッジとフィンガープレートで上下から締め付ける全体剛体化NR構造となっています。このため捻れやたわみに強い構造となっています。

キャビネット部にはソリッドキャビネットを採用しており、脚部には高さ調整機構付きのインシュレーターフットを装備しています。
また、表面にはローズウッド調のミラー仕上げが施されています。
 
  
機種の定格
型式 レコードプレイヤー
駆動方式 FG検出ダブルサーボクォーツ・コアレスDCダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.011%(WRMS、回転部)
0.02%(WRMS)
SN比 78dB(DIN-B)
起動特性 1.2sec、1/3回転以内
起動トルク 1.0kg-cm
負荷特性 0%(針圧130gまで)
ドリフト 0.0001%/h
0.00005%/℃
回転数偏差 0.002%
トーンアーム型式 エレクトロ・ダイナミック・サーボ
有効長 245mm
針圧可変範囲 0〜3.0g
取付カートリッジ重量 14.5g〜24g(シェル含む)
24g〜38g(別売サブウェイトSW-Y7使用時)
アーム高さ可変範囲 ±3mm
キャビネット仕上げ ミラー仕上げローズウッド調
外形寸法 幅480×高さ169×奥行436mm
重量 10.5kg
別売 サブウェイト SW-Y7(\1,500)