オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ME-1000の画像
 解説 

Isolated Power Train=無干渉エネルギー増幅という発想で開発されたLaboratoryシリーズのモノラルパワーアンプ。

アンプのシャーシ素材としての理想を追求し、高制振・高剛性を徹底的に追求するため、33kgという重量級の鋳鉄シャーシを採用しています。
このシャーシをメカニカルアースとして、パワーアンプの4大メカニカルパーツである電源トランス、電源コンデンサー、ヒートシンク、フットをダイレクトに取り付けています。
さらに、電源トランス、ヒートシンク等重量パーツは、通しボルトにより結合剛性をアップしています。
これにより、パーツの振動を抑え込むことに成功し、強力なメカニカルアースとして無干渉増幅のベースとなっています。

従来の可変バイアス型出力段であるスーパーAを見直し、ハイパワー&ハイクオリティを両立するだけでなく、クロスオーバー歪、スイッチング歪、出力トランジスターの非直線歪を排除し、出力インピーダンスの広帯域化と安定化を実現したアドバンスト・スーパーAを採用しています。
これにより出力回路の無帰還動作が可能となっています。
さらに、高度な出力回路設計によりバイポーラトランジスタの4パラレルプッシュプルで1000W/2Ωのハイパワーを高安定に獲得しています。

動特性を重視したニューGmサーキットを搭載しています。
これにより、優れた動作性と従来のメジャーループフィードバック・タイプを凌ぐ高いリニアリティの両立を可能にしています。
また、バランス入力をマイナス・プラス両入力信号を電流モードで演算し、高CMRRのバランス入力回路を無調整で実現。応答スピードの早い音楽再生を可能にしています。

リアルタイム・サーモトレーサーを採用しています。
出力段の温度を検出し、この温度を基にしてモジュール化されたアドバンスド・スーパーA回路の温度コントロールを行い、遠隔的な高精度の温度補償を実現しています。

2BOXコンストラクションAC1次分離電源部を搭載しています。
AC1次側は2次側との干渉を避けるため、鋳鉄シャーシ前方下部に独立一体成形された鋳鉄製のボックス構造としています。
さらに、AC100Vケーブルは3.5m3の6N材を使用したパワーケーブルを採用しています。

超高速・大容量・整流ダイオードを採用し、瞬発力のある大パワーにも余裕を持って対応します。

強電パーツを全面的に採用しており、エネルギーロスを最小限に抑えています。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
定格出力 250W(8Ω、20Hz〜20kHz、0.05%)
1000W(2Ω、1kHz、0.5%)
全高調波歪率 0.05%(定格出力時、20Hz〜20kHz、8Ω負荷)
混変調歪率 0.05%
周波数特性 2Hz〜200kHz +0、-3dB
負荷インピーダンス 2Ω〜16Ω
ダンピングファクター 150〜1kHz(8Ω負荷)
入力感度 1.59V(定格出力時)
入力インピーダンス バランス:47kΩ
アンバランス:47kΩ
S/N比 122dB(入力ショート定格出力時)
100dB(入力1kHz、1W出力時)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 700W(スタンバイ時:3.1W)
外形寸法 幅460×高さ288×奥行572mm
重量 83kg