オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

M-L10の画像
 解説 

スピーカー実装時の理想動作を追及し、あくまでも聴感を重視し、試聴を繰返しながら開発されたラボラトリーシリーズのステレオパワーアンプ。

回路方式にはパワー・カスコード・スーパーA回路(PAT.PEND.)を採用しています。
この回路は、もともと電流増幅素子であるトランジスタの特性を生かすことで、純抵抗負荷時とスピーカー負荷時の動作の違いを解決したもので、出力トランジスタが常に一定の電圧で動作し、電流だけが信号によって変化する方式となっています。このためスピーカー負荷時の電圧と電流の位相ズレが問題にならず、純抵抗負荷と同じ動作・性能が確保されます。
さらに、出力トランジスタの発熱量が極めて低く、スピーカー実装状態での瞬時発熱量は従来回路の1/10以下となるため、熱による出力トランジスタの特性変動も少なく、ダナミック・サーマル・ディストーションなどの動的歪が低減され、アイドリング電流値も安定化することができています。

パワー・カスコード・スーパーA回路を実現するため、出力トランジスタには新開発のものを採用しています。
その以外にも、電源トランスのコアの音質まで丹念に吟味し、P-L10型と同様に信頼性と聴感の両面で厳しく選び抜いた良質素子だけを採用しています。
また基板パターンなどのにも細心の配慮がされてます。

キャビネットはP-L10型と同じローズ調リアルウッドの鏡面塗装仕上げとなっています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
回路方式 全段カスコード・スーパーA・完全DCパワーアンプ
実効出力 160W+160W(8Ω、20Hz〜20kHz、THD 0.002%)
全高調波歪率 0.002%(実効出力時、20Hz〜20kHz、8Ω)
混変調歪率 0.002%(60Hz:7kHz=4:1、実効出力時、8Ω)
スイッチング歪 0
TIM歪 0(LPF fc=100kHz)
出力帯域幅 5Hz〜100kHz(IHF、8Ω、THD0.02%)
周波数特性 DC〜300kHz +0 -3dB(Direct入力、8Ω)
ダンピングファクター 200(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス 1V/100kΩ
SN比 120dB以上(IHF-A、ショート・サーキット)
サブソニックフィルター 16Hz、-6dB/oct
電源コンセント 電源スイッチ非連動:1系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 350W(電気用品取締法)
外形寸法 幅460×高さ204×奥行418mm
重量 28.0kg