オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

SX-V1-Mの画像

VICTOR SX-V1-M \150,000(2台1組、1995年頃)

解説
マホガニー無垢材キャビネットと真鍮ダイキャストボードによるユニフレームバッフルボードなどの新技術を投入して作られたスピーカーシステム。

低域には14.5cmのコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットにはクルトミューラー社製コーンを採用しており、内磁型アルニコ磁気回路でドライブすることでファンダメンタル帯域のしっかりしたエネルギーバランスを獲得しています。また、高精度・高リニアリティを実現した新形状のスパイダーサスペンションを採用しており、小振幅から大振幅まで高いリニアリティとロングストローク・レスポンスを実現しています。
さらに、ユニットハウジングには非磁性体で高い剛性を持つステンレスを使用し、電気、磁気、機械的歪を低減し、聴感上のS/Nを改善しています。

高域には2.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
振動板には優れた指向特性と微小入力時の立ち上がりをもつ羽二重シルクソフトドームを採用しています。また、ウーファーとの時間軸をあわせるためにタイムアライメントを持たせ、同時に指向性を改善するショートホーン形状のフォーカシングダイレクターを採用することで、音像の明確化と音場の拡大を実現しています。

バッフルボードにはユニフレームバッフルを採用しており、トゥイーターとウーファーをできる限り近づけて金属バッフルボードに直接取り付けることで音像の一元化を達成しています。
このバッフルボードの素材には剛性が高く減衰音が美しい真鍮ダイキャストボードを採用しています。また、ボード裏面に共振分散のためのリブを作成し、さらにバッフルボード底部の2点に真鍮製のエンドピンを採用してメカニカルアース高価を実現しています。これにより聴感上のS/Nや音像密度を向上するとともに、微小レベルでの音楽再現性を飛躍的に向上させています。

キャビネットには響きが美しいマホガニーを無垢のまま使用しており、いったん組み上げた後に新開発の樹脂含浸を施すことで、無垢材特有の経年変化を解決しています。
さらに、すべての稜に丸みを持たせたフラッシュサーフェス化で、音波の回折現象を抑えて、音場の濁りを低減しています。また、ビクター伝統の木工技術を駆使して表面を丹念に磨く事で接合面をフラットにし、木目の美しさをより引き立てています。

底部には1本のエンドピンを設けたスリーポインテッド・ベース方式を採用しており、安定性を向上させています。

スピーカーターミナルは、強度を高めるためにキャビネットにダイレクトマウントされています。また、端子には信頼性の高い金メッキ端子を採用しており、バナナプラグにも対応しています。

別売で専用のスピーカースタンドがありました。
このスタンドは、SX-V1と同様に樹脂含浸が施された無垢マホガニーで作成されています。しかもユニフレームにダイレクト接続させることで不要な振動を支柱を介してスタンドの底部のウェイトでアースし、自然な音場感と安定した低域再生を実現しています。
 
 
カットモデル ユニフレームバッフルボード
 
機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
・防磁型(EIAJ)
ユニット 低域用:14.5cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
インピーダンス
定格入力(EIAJ) 30W
最大入力(EIAJ) 120W
周波数特性 55Hz〜30kHz
クロスオーバー周波数 4kHz
出力音圧レベル 87dB/W/m
外形寸法 幅200×高さ343×奥行263mm
重量 8.0kg
別売 スピーカースタンド LS-V1-M(2台1組、\40,000)