オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

FB-5の画像

VICTOR FB-5 \57,000(1台、1975年発売)

解説
高能率とトランジェントを目指しバックローディングCWホーンを採用した2ウェイフロア型スピーカーシステム。

低域には20cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このウーファーの振動板には、米国ホーレー社製コーンのうち、一番硬くて軽いものを採用しており、これに直径120mmのマグネットをもちいて制動力を大きくしています。
また、フレームにはアルミダイキャストを採用しています。

高域には6cmのコーン型トゥイーターを搭載しています。
ウーファー同様にホーレー社製コーンを用いており、センターキャップに特殊蒸着処理された超硬ジュラルミンを用いて、高能率とトランジェントの良い高音を得ています。

バック・ローディングCWホーンのCWはConstant Widthの略で、横幅が一定で状芸にだけ広がりを持ったホーンを意味します。FB-5では、バックローディングタイプのCWホーンを折り曲げてフロア型のエンクロージャーにまとめています。この形式は、低域にだけホーン・ロード(抵抗制御)がかかります。このため、スピーカーの等価質量とバックチャンバーによって高域がカットされ、ホーンからは低音だけが放射されることなり、それ以上の周波数はスピーカーの前面から直接放射されます。
FB-5のホーンは、コンピューターによる徹底解析により決定したビクター独自の形状を採用しており、45Hzから150Hz付近まで再生し、それ以上は除々に減衰する特性となっています。また、低域側のカットオフ周波数は25Hzとなっています。また、ホーンの全長が1.8mあるため、ホーンからでる音は直接放射音より5msほど遅れています。
エンクロージャーの構造のうち、曲面を形成する上部の板は、熱成型された合板で作られており、曲面部以外は新しく開発した針葉樹材の高密度チップボードを用いています。このチップボードはカラ松を主材としたもので、従来のチップボードより約40%重くなっています。
 
 
カットモデル
 
機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バックローディングCWホーン方式
・フロア型
ユニット 低域用:20cmコーン型
高域用:6cmコーン型
インピーダンス
最大入力 50W
出力音圧レベル 96dB/W/m
周波数特性 35Hz〜20000Hz
クロスオーバー周波数 2.5kHz(12dB/oct)
レベルコントロール 定抵抗連続可変型
外形寸法 幅450×高さ857×奥行424mm
重量 36.0kg