オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

813Bの画像

UREI 813B
\931,000(1台、1984年頃)

解説
同軸型ユニットとタイムアライメントネットワークを採用したモニタースピーカーシステム。

同軸型ユニットにはUREIの801Bを採用しています。
このユニットは、ノンコルゲーションコーンのウーファーに、高域用ドライバーユニットのJBL 2425Hを採用したもので、耐入力で従来のユニットより3dB向上し、能率も3dBアップしているため、最大出力音圧レベルは6dB向上しています。
さらに、高域ユニットに搭載されたH.F.ホーンは上下に合計4本のスリットを持たせてシャドーエフェクトを解消しており、先端には発泡プラスチックのユサ・フォームをフォーム材として用いることで、優れた空気インピーダンスとスムーズなレスポンスを実現しています。

低域を強化するため、サブ・ウーファーを搭載しています。

ネットワークにはウーレイ独自のタイムアライン・システムを採用しており、各ユニットから発生される信号が、リスニング・ポイントに時間差や位相差なく到達し、優れた定位を獲得しています。

別売りでネットグリルと専用スピーカースタンドがありました。
 
  
機種の定格
方式 3ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 全帯域用:38cm同軸型(801B)
低域用:38cmコーン型
周波数特性 40Hz〜17.5kHz ±3dB
インピーダンス
出力音圧レベル 101dB/W/m
許容レベル 150W(40Hz〜20kHz、ピンクノイズ)
外形寸法 幅787×高さ908×奥行559mm
重量 83kg
別売 専用グリル 813BG(\23,000)
別売:専用スピーカースタンド S-3(1台、\56,000)
外形寸法 幅780×高さ350×奥行550mm