オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

U・BROS-2/Kの画像

UESUGI U・BROS-2/K \180,000(1996年5月発売)

解説
U・BROS-1/Kを購入したユーザーの要望を受け、U・BROS-1/Kとペアとなるアンプとして開発された管球式プリアンプ・キット。

U・BROS-2/Kでは、電子機器の普及により悪化したAC100V商用電源系や空中電波系からの影響を考慮し、外部ノイズ信号に対する対策が施されています。

機構設計では、電源部内蔵型のフォノ・イコライザー・アンプのU・BROS-20のノウハウを踏襲し、最適位置にパワー・トランスとダイオードを配置させ、これに2枚のシールド板を効果的な位置に設置することによって、電源部を内蔵した設計でありながら、電源部から増幅部への干渉をシャットアウトしています。

シャーシ構造はメインシャーシとサブシャーシの2ブロック構成となっており、入力系と出力系はメイン・シャーシにまとめ、電源部と増幅部はシールドを完璧としたサブ・シャーシにまとめています。
また、増幅部を左右対称配置とすることで、左右チャンネルの動作を等条件としています。

フロント・パネル面のノブ類を信号の流れに沿って右から左にレイアウトし、使用頻度の高いボリューム・コントローラーのノブを大型化するオーソドックスなまとめ方としています。
各種ノブ類とフロント・パネルにはアルミ引抜き材を用い、フロント・パネルはシャンペン・ゴールド系のヘアライン仕上げ、ノブ類はシャンペン・ゴールド系スピン加工仕上げとしています。また、シャーシのサイドには無垢のチーク材によるサイドウッドを装備しています。

リア・パネル面には、5系統の入力端子と2系統の出力端子の他に、2系統のスイッチド/ACコンセントと1系統のアンスイッチド/ACコンセントを設けおります。

ロータリー・スイッチには、接触不良に起因する刺激間を感じさせる歪(ダイオード歪/検波歪)を防ぐため、高信頼度設計仕様のものを使用しており、スイッチによる音質劣化を防止しています。

コンデンサーや抵抗には、上杉研究所の特別仕様の高精度型/高余裕度型/高信頼度型で設計したものを使用しています。

パワートランスは、ロー・プライス化を図るため密閉型ではなくバンド型としています。このトランスには、ハム・プルーフ・ベルトとショート・リングを設ける事で、リーケージ・フラックスの低減を実現しています。
なお、このパワートランスは他の上杉製品と同じく、タムラ製作所との共同開発品を採用しています。

トップステージには、真空管全盛時代に松下電器産業K.K./電子管事業部が上杉の厳しい特別仕様に基いて製造を行ったロー・ノイズ球を使用しています。この特別なロー・ノイズ球は、真空管全盛時代に製造された純正テレフンケン製よりも安定性という面で優れたものとなっています。

フォノ入力やラインレベルの各種入力に、高周波ノイズ信号対策が加えられており、よりナチュラルな音質を実現しています。

フォノイコライザーアンプ部には2段/P-K方式NF型を採用しています。

フラットアンプ(ラインアンプ)部での増幅度は、フォノ・イコライザー・アンプの出力とCDプレイヤーなどの出力を考慮し、14dB(5倍)に設定しています。このフラットアンプは、フォノ・イコライザー・アンプと同様に、左右チャンネルのゲインを統一するという意味から、NFBの良い面のみを活用する1段P-G方式NF型としています。
1段P-G方式NF型の欠点である入力インピーダンスの低下に関しては、グリッド抵抗をある程度大きくし入力に接続される機器の負荷を軽くしていることや、グリッド回路のシールド線を追放して、高域特性の劣化を防止していること、などの対策を行っています。

電源部は、CR素子によるオーソドックスなπ型フィルター多段構成としています。

U・BROS-2/Kでは、ボリューム・コントローラーのスライダー側にシールド線を使用していません。
これにより、ボリュームのスライダー側にシールド線を用いることでハイカットフィルターを構成しています問題を解決しています。

キットであっても高い完成度を実現するため、大半の回路が配線済みとなっており、配線はトランスのリード線のみとなっています。

フォノイコライザーアンプ単体として使用させることが可能です。
この場合は、インプットセレクタースイッチをフォノポジションに、テープモニタースイッチをインのポジションにしておき、リアパネルのテープ/レコーディング・アウトプットの出力端子から信号を取り出します。
 
 
内部レイアウト
 
機種の定格
型式 管球式プリアンプキット
入力 Phono
Line1〜3
Tape play
出力 Recording out
Preamp out
入力感度 Phono:2.6mV
Line1〜3、Tape play:200mV
フォノ最大許容入力 285mV(1kHz)
ゲイン フォノイコライザー:37.4dB
ラインアンプ:14dB
トータル:51.4dB(約370倍)
定格出力 フォノイコライザー:200mV
ラインアンプ:1V
ラインアンプ最大出力 25V
入力インピーダンス Phono:47kΩ
Line1〜3、Tape:86kΩ
出力インピーダンス フォノイコライザー:800Ω(1kHz)
ラインアンプ:1000Ω(20Hz〜20kHz)
定格歪率 0.01%以下
RIAA偏差 ±0.2dB以内
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz
使用真空管 ECC83/12AX7×3
トップステージ:松下電器産業K.K./電子管事業部製の特別仕様品
その他:ソブテック製厳選品
消費電力 約12W
外形寸法 幅337×高さ133×奥行314mm
重量 約6kg
備考 サイドウッド:化粧用の無垢チーク材使用