オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KT-9007の画像
 解説 

D.S.D.C.方式を採用した最上位モデルにあたるFM/AMチューナー。

MPX部はPLL回路とD.S.D.C.方式の2つの回路方式を組み合わせて構成しています。
D.S.D.C.方式では、主スイッチング信号と補助スイッチング回路の出力を左右対称にし、また逆位相にとり、両スイッチング回路の出力を加えることによって漏れ信号を打消しています。また、位相補正回路を設置することで、主信号と漏れ信号の位相を合わせるように設計されています。
これに、スイッチング信号とパイロット信号との位相ズレを抑えることで、セパレーションの悪化を抑えたPLL回路を組み合わせることで、優れた特性を実現しています。

チューニングメーターとシグナルメーターの2メーター方式を採用しています。
シグナルメーターはデビエーションメーターやマルチパス歪検出メーターとして使用できます。また、シグナルメーターは電界強度比例型/リニアメーターとなってます。

プリアンプ部には±2電源方式を採用しています。さらに、オーディオ出力回路にはリードリレーによるミューティング回路を内蔵しており、パワーON/OFF時のポップノイズを除去しています。
また、Rec outとOutputに独立したバッファーステージを設置した低出力インピーダンス設計を採用しています。

リアパネルで音量調整が可能なヘッドホンアンプを内蔵しています。

IF段には、IC2段、トランジスタ2個、8素子のセラミックフィルターを使用しています。

フロントエンド部のRF増幅段とミキサー回路にはデュアルゲートMOS FETを使用しています。また、局部発振回路のバッファーにFETを使用し、大入力時のAM抑圧比や混変調特性、歪、相互変調特性を改善しています。

キャリアリークフィルターには、有極型の減衰量の優れた3段フィルターを採用しています。

M型同軸コネクターを搭載しています。

2段切換式のFMミューティング回路を搭載しています。

ファンクションインジケーターを搭載しています。

4ch DET OUTやマルチパス出力端子を搭載しています。

1975年頃から別売りオプションとしてキャリングハンドルが販売されました。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡
75Ω不平衡
クワイティングスロープ 55dB(3μV)
65dB(10μV)
73dB(50μV)
感度(IHF) 1.7μV
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.15%
stereo:0.2%
SN比(100%変調、1mV入力) mono:75dB
stereo:70dB
イメージ比 10dB
選択度(IHF) 100dB
IF妨害比 100dB
ハーモニック・スプリアスレスポンス 110dB
AM抑圧比 65dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
ステレオセパレーション 50dB(400Hz)
42dB(50Hz〜10kHz)
キャリアリーケージ -65dB
マルチパスインピーダンス H:130kΩ
V:30kΩ
周波数特性 50Hz〜10kHz +0 -0.5dB
20Hz〜15kHz +0 -1.2dB
<AMチューナー部>
受信周波数 520kHz〜1610kHz
感度 20μV(IHF)
300μV/m(バーアンテナ)
歪率 0.5%
SN比(30%変調、1mV入力) 50dB
イメージ比 70dB
選択度(IHF) 40dB
IF妨害比 70dB
<総合>
出力レベル/インピーダンス FM(400Hz、100%変調):1.5V最大/1.8kΩ
AM(400Hz、30%変調):0.15V最大/1.8kΩ
4ch DET OUT:0.15V/30kΩ
マルチパス出力:0.13V
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 24W
外形寸法 幅435×高さ157×奥行300mm
重量 8.9kg
別売 キャリングハンドル D-9(1ペア、\5,000)