オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KT-880の画像
 解説 

ケンウッドのFM技術であるDLLDやDCCを採用し、より優れた受信特性・音質特性を目指したFM/AMステレオチューナー。

ダイレクト・リニアレセプション・サーキットを採用しており、シンセサイザーの微妙な狂いにより、低い周波数で起きていた低SN比現象を防止しています。

広帯域直線検波方式であるDLLD(ダイレクト・リニア・ループ・ディテクター)を採用しています。
この回路は、10.7MHzのIF信号をダイレクトにリニア化して、閉ループ検波器で検波し、さらに閉ループ内に歪補正回路を設けることでVCOの非直線歪やIFフィルターで発生する歪もゼロにしようという検波方式です。
また、DLLDは閉ループ検波器なので、ループ内で発生するノイズは抑えられ、高いSN比の検波器となります。

IF歪補正回路としてDCCを採用しています。
この回路では、IFフィルターで発生した高調波歪成分だけを抽出しキャンセルするため、歪率も大幅に低減できています。

フロントエンドのRF増幅部とMIX部にデュアルゲートMOS FETを採用し、大入力特性の象徴的な相互変調特性を大幅に改善しています。

タイマーと連動して2つの放送局を留守録することが出来ます。
プログラム・メモリーはCH-1以外の1局(CH-2〜CH-8)をプリセットしておけば、電源が入ったときにはプリセットした局を受信し、いったん電源が切れた後電源が入った時にはCH-1を受信します。

ブラックモデル以外にシルバーモデルもありました。

機種の定格
型式 DLLDスーパーシンセサイザーFM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数範囲 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 75Ω不平衡
感度(75Ω) 0.95μV/10.8dBf
SN比50dB感度 mono:1.8μV/16.2dBf
stereo:24μV/38.8dBf
高調波歪率(100%変調)
mono 1kHz:0.006%
50Hz〜10kHz:0.02%
stereo 1kHz:0.009%
50Hz〜10kHz:0.1%
SN比(100%変調、85dBf入力) mono:98dB
stereo:88dB
キャプチャーレシオ Narrow:1.0dB
実効選択度(IHF) 60dB
ステレオセパレーション 1kHz:68dB
周波数特性 20Hz〜15kHz +0.2 -0.8dB
イメージ妨害比(84MHz) 90dB
IF妨害比(84MHz) 100dB
スプリアス妨害比(84MHz) 100dB
AM抑圧比(65.2dBf) 65dB
サブキャリア抑圧比 70dB
出力レベル/インピーダンス FM(1kHz、100%変調):0.6V/3.3kΩ
<AMチューナー部>
受信周波数範囲 531kHz〜1602kHz
感度 10μV・300μV/m
高調波歪率(1000kHz) 0.3%
イメージ妨害比(1000kHz) 40dB
IF妨害比(1000kHz) 60dB
選択度(IHF) 30dB
出力レベル/インピーダンス 0.18V/3.3kΩ
SN比(30%変調、1mV入力) 50dB
<総合>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 10W
外形寸法 幅440×高さ64×奥行318mm
重量 3.3kg