オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KT-5500の画像
 解説 

FMの音質を重視して開発したFMステレオチューナー。

フロントエンドには発振回路を内蔵した周波数直線型5連バリコンを採用しています。
このバリコンは角度に対して厳密に周波数管理することで優れた目盛精度を獲得しています。また、局発部をブロック化し、立体配線とすることによって安定度を高め、温度や湿度の変化による周波数ドリフトも抑えています。
さらに、2段のRF段とミキサー段にデュアルゲートMOS型FETを3個使用して混変調や相互変調を改善しています。

IF部には群遅延特性に優れたフェイズリニア8素子フィルターを採用することで高選択度を得ています。さらに、高利得増幅段と6段リミッターによって混信による音質劣化を防いでいます。
また、帯域の広いクォドラチャー検波回路を採用しオフセット電圧を調整することにより、広帯域にわたって低歪率特性を実現しています。

MPX部にはステレオ信号を復調するマルチプライヤー回路に電流調整回路を付加した新型PLLを採用しており、復調歪を低減しています。

オーディオ部には±2電源差動直結アンプを採用しており、低歪率化を図るとともに300%の過変調までもカバーできるダイナミックレンジの広い設計となっています。

ミューティング回路にはシュミットトリガー回路でドライブするリレーミューティング回路を採用しています。
アンテナ入力とディスクリSカーブとをAND合成した出力をシュミットトリガー回路でドライブしているため、常に良好な状態での受信が可能です。

検波回路のオフセット電圧調整部やセパレーション調整部、PLL-VCO調整部などに、温度や湿度変化に強いメタルグレイズ型半固定ボリュームを使用しており、信頼性を向上させています。

アンテナ端子には、従来の300Ωと75Ωの端子のほかに、75ΩのF型接栓を採用しています。

豊富な出力端子を搭載しています。

別売でウッドケースがありました。

機種の定格
型式 FMステレオチューナー
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡
75Ω不平衡
感度(IHF) 1.7μV
SN比50dBクワイティング感度 mono:3.7μV
stereo:43μV
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.1%
stereo:0.15%
SN比(100%変調、1mV入力) mono:75dB
stereo:70dB
イメージ比 110dB
選択度(IHF) 85dB
IF妨害比 100dB
ハーモニックススプリアスレスポンス 120dB
AM抑圧比 60dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
ステレオセパレーション 45dB(400Hz)
37dB(50Hz〜10kHz)
キャリアリーケージ 65dB
周波数特性 50Hz〜10kHz +0.2 -0.3dB
30Hz〜15kHz +0.2 -1.5dB
出力レベル/インピーダンス FM(400Hz、100%変調)可変:0〜1.5V/2.5kΩ
               固定:0.7V/4.5kΩ
FM det out:250mV
マルチパス出力:0.2V
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 13W
外形寸法 幅380×高さ140×奥行255mm
重量 5.7kg
別売 ウッドケース SRA-3000(1組、\4,500)