オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KT-5007の画像
 解説 

PLL回路を搭載したFM/AMチューナー。

MPX部にPLL回路を採用しており、スイッチング信号とパイロット信号との位相ズレを抑える事で広帯域にわたって安定したセパレーション特性を実現しています。

LC型キャリアリークフィルターを搭載しており、PLL回路と併用することによってビート障害や歪を排除しています。

フロントエンドにはFETと2個のトランジスタ、IF段には2素子のセラミックフィルターとIC、6個のトランジスタを採用しています。

フロントパネルから出力レベルの調整ができます。

周波数直線3連バリコンを使用することで、精度の高い同調を実現しています。

プッシュスイッチを採用しています。

75Ω同軸ケーブルを確実に固定するため、同軸ケーブルホルダーを搭載しています。

ファンクションインジケーターを搭載しており、動作状態が確認できます。

FM4ch放送を想定した4ch DET OUT端子を搭載しています。

マルチパス波形観測用の端子を搭載しています。

FMミューティングやMPXフィルターを搭載しています。

デビエーションメーターとして使用できるシグナルメーターと、チューニングメーターの2メーター方式となっています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡
75Ω不平衡
クワイティングスロープ 48dB(3μV)
62dB(10μV)
70dB(50μV)
感度(IHF) 1.9μV
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.2%
stereo:0.4%
SN比(100%変調、1mV入力) mono:70dB
stereo:65dB
イメージ比 55dB
選択度(IHF) 60dB
IF妨害比 90dB
ハーモニック・スプリアスレスポンス 90dB
AM抑圧比 55dB
キャプチャーレシオ 2.0dB
ステレオセパレーション 40dB(400Hz)
35dB(50Hz〜10kHz)
キャリアリーケージ -60dB
マルチパスインピーダンス H:130kΩ
V:30kΩ
周波数特性 50Hz〜10kHz +0 -1.0dB
20Hz〜15kHz +0 -1.5dB
<AMチューナー部>
受信周波数 520kHz〜1610kHz
感度 20μV(IHF)
300μV/m(バーアンテナ)
歪率 1%
SN比(30%変調、1mV入力) 50dB
イメージ比 50dB
選択度(IHF) 30dB
IF妨害比 40dB
<総合>
出力レベル/インピーダンス FM(400Hz、100%変調):1.5V最大/1.8kΩ
AM(400Hz、30%変調):0.15V最大/1.8kΩ
4ch DET OUT:0.15V/30kΩ
マルチパス出力:0.13V
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 20W
外形寸法 幅435×高さ157×奥行300mm
重量 8kg