オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

700Tの画像
 解説 

サプリームシリーズのFM/AMシンセサイザーチューナー。

700Tではシンセサイザー方式を採用しており、ダイヤルを回していくと100kHzおきに階段状に周波数が移りかわります。
このため受信点は必ず正同調点となり、チューニングメーターは不要となり、ドリフトもありません。

FMステーションインジケーターを搭載しています。
このインジケーターは真中の正同調指示灯のLEDが点灯していれば正確な周波数で同調していることを示し、同調の仕方が悪く100kHzずれて隣接周波数になった時には左右の赤色LEDが点灯します。

IF段は高利得や高性能素子を組み合わせて設計されており、安定度と選択度に優れたセラミックフィルターやSN比と増幅度に優れたトランジスタ、帯域特性に優れたLC選択回路、リミッター性能と大入力特性の良いICなどで構成されています。

PNBS(パルスノイズ・ブランカーシステム)を搭載しており、イグニッションノイズなどのパルス性ノイズを抑制することで耳障りな雑音を抑えています。
この回路ではFM/AM検出によってオーディオ波形が崩れないようにするため、リミッターでは取り除けないパルス状ノイズを瞬間的に抑えています。

MPX部にはトリオ独自のFM技術であるD.S.D.C.方式と本格的なPLL回路を組み合わせて搭載しており、正確なスイッチングを行うことでクロストークをキャンセルしています。
さらにシリコンダイオードを使用し、方形波復調などの方法で徹底的に精度を上げることで広帯域で優れた特性を得ています。

リニアスケール大型メーターを搭載しています。
電界強度比例型の大型メーターで、添付データと称号すれば実際の電波の強さが読み取れ、チューナーとしてのSN比や歪までわかります。

DIMMERスイッチを搭載しており、ダイヤル照度を切り換えることができます。

ダイヤル指針はチューニング・ケーブルを銅線にすることでそのまま通電する方式を採用しています。
AM/FMの切換はランプの切換で表示します。

ヘッドホン端子を搭載しており、チューナーから直接ヘッドホンで聴取できます。

アウトプットボリュームを搭載しており、出力レベルのコントロールができます。

マルチパススイッチを搭載しており、シグナルメーターでマルチパスがチェックできます。

75Ω同軸用M型コネクターを搭載しています。

2段切換式のFMミューティング機能を搭載しています。

MPXノイズフィルターを搭載しています。

ステレオオンリーポジションを装備しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡
75Ω不平衡
最小実用感度(IHF) 1.5μV(THD3%、400Hz、100%変調)
50dBクワイティング感度 4μV(SN比50dB、1kHz、100%変調)
飽和点 SN比 200μV、SN比73dB
飽和点 歪率(80μV) 0.15%(100Hz、100%変調)
0.15%(1kHz、100%変調)
0.2%(7.5kHz、100%変調)
キャプチャーレシオ 1.5dB(100μV入力)
選択度 100dB以上(400kHz)
隣接局選択度 56dB(300kHz)
イメージ比 100dB
IF妨害比 110dB
ハーモニック・スプリアスレスポンス 110dB
AM抑圧比 65dB
周波数特性 50Hz〜10kHz +0 -0.5dB
30Hz〜15kHz +0 -1.5dB
<FM MPX部>
50dBクワイティング感度 50μV(SN比50dB、1kHz、90%変調)
飽和点 SN比 2mV、SN比70dB(1kHz、90%変調)
ステレオセパレーション
(アンテナ入力2mV)
40dB(100Hz)
45dB(1kHz)
35dB(10kHz)
SCA妨害比 -65dB
キャリアリーケージ -65dB
周波数特性 50Hz〜10kHz +0 -0.5dB
30Hz〜15kHz +0 -1.5dB
<AMチューナー部>
受信周波数 520kHz〜1,610kHz
実用感度 アンテナ入力:13μV
バーアンテナ:300μV・m
イメージ比 70dB以上
IF妨害比 70dB以上
SN比 50dB
選択度 40dB
歪率 0.5%
出力 150mV(400Hz、30%変調)
<総合>
ヘッドホン出力 20mW/8Ω
出力インピーダンス(Tape端子) 100Ω
電源 AC100V/117V、50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 85W
外形寸法 幅472×高さ177×奥行318mm(ケース込)
重量 15.5kg