オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SW-CX1の画像
 解説 

曖昧さを排除した究極の超低域を再生するスーパーウーファーとして開発されたアクティブサブウーファー。

振動アースの完全固定化を図り、振動基準点を明確にするため、総重量126.7kg(アンプ・スピーカー・ユニットを含む)の重量級設計となっています。
これにより、ユニットからの定在波の影響を受けず、振動に揺らぐことの無い筐体を実現しています。

ユニットには33cmコーン型ウーファーが採用されています。
振動板は超低域再生に必要な大振幅(ストローク)に耐えるため、軽量で高剛性な3,000フィラ平織の3層構造カーボンファイバーからなるストレートコーンを採用しており、同材料からなるチャンバーと併せて大入力に対応しています。
磁気回路にはストロンチウムフェライトをメインマグネットとして直径140mmで仕様し、その後部にサブとして直径110mmで使用するダブルマグネット方式を採用してます。さらに、2mm厚のカバーで閉回路とし、磁束密度を上げると共に防磁効果も高い高効率設計としています。さらにカバー部には大入力時の振動によるカバーの鳴きを低減させるためコーティング処理を施しています。
ダンパーには難熱性高分子繊維コーネックスを使用し、さらに高いダビング性能とアンチローリング性の向上を図るためダブルダンパー方式を採用しています。
フレームは防振と振動系支持強度の向上のためアルミダイキャストフレームを採用しており、さらにリブを非対称に配置することで、素材・形状の両方向から不要振動の排除を図っています。
エッジにはウレタン系エラストマーを使用しリニアリティの向上を実現しています。

ボイスコイルの巻芯(ボビン)にはガラス繊維材で強化した耐熱・難焼・高剛性のポリイミド材を採用しています。
さらにボビンの強度を上げるため、高強度耐熱ポリアリレート新素材繊維ベクトラン(株式会社クラレの商標)を高張力で巻くこと(フィラメント・ワインディング)により、十分な強度(10倍)を確保しています。さらにボイスコイルは4層巻とし、大入力に対しても忠実な動作を可能にしています。

本格超低域再生というコンセプトにもとづき、低域の再生方式には、低域再生限界が低く、位相特性にも優れた直接放射タイプ再生方式を採用しています。
エンクロージャー内容積は52リットルとし、33cmドライバー用としては十分な容積を確保しています。また、スピーカーからの放射音を一度底面に反射させることにより、不要な高域成分を減衰させる構造(リフレクターベース部)をとるなど、直接放射方式の長所を活かしています。

エンクロージャーには新開発のNFセラミックスエンクロージャーを採用しています。
NFセラミックスは、通常のファインセラミックスと違い高温で焼成せず、水を媒体とした化学的結合によって生成される新しい構造用セラミックスで、これをエンクロージャーに採用することで、従来のパーティクルボードと比較して、5倍の強度、4倍の減衰能、3倍の密度、優れた寸法精度、形状の自由度、耐熱・耐水・耐候性といった特長を得ています。

エンクロージャーの構造は、NFセラミックスの成型性の良さを活かし、各部の分割振動を考慮した3ピース構造を採用しています。この構造は、積み重ねるだけの無調整で本来の性能を得られる高精密設計となっています。

さらにエンクロージャーでは、アール形状のポートダクトや、バッフルとベース間の定在波を防止し正面方向へ放射エネルギーを集中させるテーパーを設けたベース部などを採用しています。

アンプ部は低インピーダンス駆動とハイゲイン化対応を考慮した差動2段パラレルプッシュプル回路構成となっています。さらに、7,500μFのケミコンや大容量のトランスを採用しています。
また、大出力時の放熱効果を高めるため黒色アルマイト仕上げ大型ヒートシンクを採用し、筐体は高剛性なダブルブリッジ構造とし、振動や外部からの影響を徹底的に排除しています。

フェイズ切換スイッチを搭載しており、位相切換により、サブウーファーとメインスピーカーの音波の振幅周期を合わせるためのフェイズ切換が可能です。

ターンオーバースイッチを搭載しており、様々なスピーカーをシミュレートした結果から選定された最も効果的なターンオーバーポイント(5ポイント)の切換が可能です。
また、カットオフスロープは位相の回りを考慮した-18dB/octのカーブに設定されています。

スピーカー入力端子/Low/Highのスピーカーインプットレベルの切換を設けており、スピーカーケーブル・オーディオコードの2ウェイで接続が可能です。
また、ラインインプットと共にモノラル・インアウトを設けることにより、2台以上でSW-CX1を使用できます。

アンプとスピーカーユニットの配線に高純度OFCを採用しています。

バスブーストやS.S.B(スーパーサブソニックベース)などの機能を搭載しています。

リモコンが付属しており、電源のon/offやボリューム、ターンオーバー、フェイズ、バスブースト、S.S.Bなどの操作が可能です。

機種の定格
型式 スーパーウーファー
<スピーカー部>
方式 1ウェイ・1スピーカー・バスレフ型直接放射方式・フロア型
ユニット 超低域用:33cmコーン型
定格入力 75W
最大入力 150W
インピーダンス
再生周波数帯域 15Hz〜170Hz(-10dB)
マグネット径 メイン:φ140mm
サブ:φ110mm
ボイスコイル径 φ50mm
内容積 52L
最大外形寸法 幅700×高さ420×奥行530mm
重量 総重量:119.1kg
キャビネット部:62.5kg
ドライバー部(ユニット含む):21.1kg
ベース部:35.5kg
ユニット単体:7kg
<アンプ部>
実用最大出力(EIAJ、6Ω) mono:150W
全高調波歪率 0.01%(-3dB)
S/N比 mono:100dB
入力感度 Line入力:200mV(片ch)
スピーカー入力:5.0V(L/R)
出力レベル Line出力:200mV
ターンオーバー切換 31.5Hz、50Hz、80Hz、100Hz、125Hz
カットオフスロープ -18dB/oct
定格消費電力 85W
最大外形寸法 幅152×高さ151×奥行497mm
重量 7.6kg
<その他>
総重量 126.7kg
付属 ワイヤレスリモコン