オーディオの足跡

LS-V9の画像
 解説 

メインドライバーとスーパートゥイーター、サブウーファーの2.1ch構成でA&V対応を図った3Dスピーカーシステム。

サテライトスピーカーの主帯域には16cmコーン型ユニットを搭載しています。
振動板にはクロスダイニーマ振動板、ボイスコイルには純アルミエッジワイズボイスコイル、アルニコマグネット使用ツボ型磁気回路を採用しており、150Hz~9kHzの広い帯域を再生しています。

9kHzを超える高域を再生するスーパートゥイーターには2.5cmドーム型トゥイーターを採用しています。
クリスタルプラズマダイヤモンド振動板や銅クラッドアルミワイヤーボイスコイル、アルニコマグネット使用ツボ型磁気回路を用いた構成となっており、メインドライバーユニットとのマッチングを図る事で完成度を高めています。

ネットワーク部は、メインドライバーユニットは電気的パーツを可能な限り軽減した構成としており、スーパートゥイーター用に9kHzをクロスオーバーとする6dB/octのネットワークを採用しています。

サブウーファー部は左右両チャンネルの低音信号を1個のキャビネット内部でミックスして再生できるように設計されたコンパクトタイプのサブウーファーで、4つの10cmコーン型バスドライブユニットによって低域再生を実現しています。

機種の定格
方式 3ディメンションタイプスピーカーシステム・防磁設計(EIAJ)
ユニット 超低域用:10cmコーン型x4(サブウーファー)
主域用:16cmコーン型(サテライトスピーカー)
超高域用:2.5cmドーム型(サテライトスピーカー)
再生周波数帯域 32Hz~45kHz
最大入力 120W
インピーダンス
出力音圧レベル 88dB/W/m
クロスオーバー周波数 150Hz、9kHz
外形寸法 サテライトスピーカー:幅220x高さ345x奥行277mm
サブウーファー:幅500x高さ150x奥行425mm
重量 サテライトスピーカー:9.5kg
サブウーファー:13kg