オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-M7の画像
 解説 

オーソドックスなブックシェルフ型にフルレンジスピーカーの設計思想を大幅に採用したスピーカーシステム。

低域にはキャビネットサイズや下限再生周波数、能率などを考慮して27cmのコーン型ユニットが採用されています。
振動板には、有機系繊維の中でも優れた特性を持つダイニーマとカーボン繊維を縦・横順次配列したクロスダイニーマ振動板を採用しています。
また、ロングボイスコイルやアルミダイキャストフレームなどを採用し、より高品質化を図っています。

中域には9cmのセミドーム型ユニットを採用しています。
振動板には、クロスダイニーマ振動板と、ダイヤモンドをチタン表面にプラズマのエネルギーで形成させたプラズマダイヤモンド振動板を組み合わせ、その上で軽量化を図ったセミドーム構造を採用しています。
また、ドームとボイスコイルを一体化した伝送ロスの少ないDSD(ダイレクト・スーパードーム)構造を採用し、能率や高域再生限界を改善し、さらにアルミダイカスト球面波ホーンバッフルの採用で振動板からの音波の反射や干渉、回折を低減しています。

高域にはプラズマダイヤモンド振動板を採用した2.5cmドーム型ユニットを採用しています。このユニットでは、アルミダイカスト球面波ホーンバッフルを採用することで、自然な広がりを実現しています。
また、振動板、ボイスコイル、エッジを一体化DICA(ダイレクト・インナークラスA・サスペンション)構造を採用し、高音のエネルギーのロスなどを改善しています。

ネットワークは、低、中、高域それぞれ専用のネットワークを分散して配置しており、ユニットからの振動や音圧、磁気誘導、相互誘導やコイル、コンデンサなどから発生する時期誘導の干渉を極力低減しています。

エンクロージャーは、前面投影面積のコンパクト化を徹底し、奥行を長くして容積を確保しています。また、バスレフポートを背面の中央にオフセットして配置しています。
バッフル板は20mmの板材2枚を張り合わせた40mm厚にすることで強度を向上させています。また、側板、天板、底板は18mm、裏板は20mmとそれぞれ厚さを変え、振動モードを変える事で自然で素直な表現を可能にしています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
ユニット 低域用:27cmコーン型
中域用:9cmセミドーム型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz〜47000Hz
最大入力 200W(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧レベル 91dB/W/m
クロスオーバー周波数 300Hz、6500Hz
外形寸法 幅324×高さ578×奥行369mm
重量 24.0kg
別売:スピーカースタンド SG-M7(2台1組、\35,000)
外形寸法 幅370×高さ330×奥行360mm
重量 9kg
付属 ピンポイントベース