オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-990HGの画像
 解説 

クリスタルプラズマダイヤモンド振動板トゥイーターを採用したスピーカーシステム。

低域には3000フィラカーボンセラミクス振動板による33cmのコーン型ウーファーを採用しています。
この振動板は、従来使用の1kフィラメントのカーボンファイバーに比べ強度が約3倍以上向上しており、ピストンモーション帯域も広がり、伝播速度も向上しています。
また、磁気回路には総磁束147,000maxwellのマグネットを採用しています。

中域には12cmのコーン型スコーカーを採用しています。
振動板には、ウーファーと同じ3000フィラカーボンセラミクス振動板を採用しており、磁気回路には総磁束72,000maxwellのマグネットを採用しています。

高域にはプラズマダイヤモンド振動板を用いた2.5cmハードドーム型トゥイーターを採用しています。
LS-990HGでは、チタン基材に成膜する方式であるイオンプレーティング法を新たに改良し、より常温でプラズマダイヤモンドの成膜ができ、基材に対する密着力が高まり、安定度の高い振動板となっています。
これにより、硬度は従来の3,200kg/mm2から4,000kg/mm2、剛性は1,415×10-6N・m2から2,142×10-6N・m2へと改良されています。

ネットワークには、入力信号を忠実に再現するため、低歪で外部からの影響を受けにくい極太無酸素銅線(0.18φ×54芯)を内部配線に使用しています。
また、スコーカー、トゥイーター用連続可変型アコースティック・レベルコントロールを搭載しています。

エンクロージャーは40mm厚のバッフル板で不要な箱鳴りを防ぐとともに、両サイド30mmアールのラウンドバッフルを採用し、音の回折効果による歪発生を防いでいます。
また、ダクトは不要音を排除するため裏面に設けています。

極太ケーブルに対応できるスピーカー端子を採用しています。

ブラウンとブラックモデルがありました。
また、別売りでそれぞれのカラーに合わせた専用スピーカースタンドがありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:33cmコーン型
中域用:12cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz〜47kHz
最大入力 200W(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 500Hz、5kHz
外形寸法 幅400×高さ700×奥行359mm
重量 31kg
別売 専用スピーカースタンド SR-990(2台1組、\32,000)