オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-990Dの画像
 解説 

プラズマダイヤモンド振動板やDSDなどのケンウッドの技術を投入して開発されたスピーカーシステム。

低域には33cmのコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板には、カーボン部のバインダーを3次元架橋により強化して剛性を高めたニューHRカーボンを採用しており、駆動部は大型ストロンチウムマグネットと線積率の高い4層ボイスコイルを用いています。
さらに2枚のサスペンションを使用したケンウッド独自のクラスAサスペンションによってより正確な振動板の動きを得ています。

中域にはDSD方式を採用した10cmのセミドーム型スコーカーを搭載しています。
DSD方式は、ボイスコイルボビンとドーム部を一体構造とすることで、振動がドームにダイレクトに伝わり、より入力信号に忠実な動作が可能となっています。
また、振動板にはプラズマダイヤモンド振動板を採用しているため、熱伝導性が高く、ボイスコイルの温度上昇を防いでいます。
さらに、磁気回路には総磁束61000maxwellのマグネットと熱硬化型融着性線材ボイスコイルを採用しており、さらにクラスAサスペンションの採用で小振幅時のリニアリティを大幅に改善しています。

高域には2.5cmのドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットには、ダイヤモンドをチタンの表面にイオンプレーティングした複合材であるプラズマダイヤモンドによる振動板を採用しており、ダイヤモンドだけが持つ硬度、ヤング率、伝播速度、熱伝導性などの物性を特性に生かしてます。
さらに、トゥイーターの振動板に直接ボイスコイルを巻く構造によりダイヤモンドの熱伝導性のよさをいかして熱を放散しており、ボイスコイルに熱を持たせずにドライブしています。
また、エッジまでを一体化したドーム振動板とダイレクトインナー・クラスAサスペンションによる構造により、エッジからの不要輻射やボイスコイルとドームの間での伝達ロスがなく、優れたトランジェント特性と指向特性を得ています。

エンクロージャーの振動でネットワークが振動し、スピーカーユニットの磁束をコイルが横切り誘起電力が発生し、音質劣化を招くのを防ぐため、フローティングネットワークを採用しています。
これはネットワークの取付にスプリングを使用したもので、振動を減少し、悪影響を低減しています。
また、リッツパターンプリント基板による分離型ネットワークとしています。

エンクロージャーは両サイドに丸みをつけたラウンドバッフルとなっており、回折効果を低減して音の干渉による歪の発生を低減しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:33cmコーン型
中域用:10cmセミドーム型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz〜47kHz
最大入力 200(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 600Hz、5kHz
外形寸法 幅382×高さ671×奥行345mm
重量 23.5kg