オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-990ADの画像
 解説 

LSシリーズの技術を継承し、さらにプラズマダイヤモンド振動版を採用したスピーカーシステム。

低域には33cmのニューHRカーボンコーン型ウーファーを採用しています。
カーボン部のバインダーを3次元架橋により一層強化して合成をあげており、歯切れの良い低音を実現しています。
また、駆動部には大型ストロンチウムマグネットと4層ボイスコイルを採用しています。

中域には10cmのセミドーム型スコーカーを採用しています。
コーン部は高弾性強化繊維にアルミをイオンプレーティングして強化バインダーで成型し、さらにパルプ層で裏打ちする三層サンドイッチ構造をとり、高剛性すると同時に素材固有の鳴きを抑えています。また、ドーム部はトゥイーターと同じプラズマダイヤモンド振動版を採用しています。
磁気回路には総磁束61000maxwellのマグネットと熱硬化型融着性線材ボイスコイルを使用しています。

高域にはプラズマダイヤモンド振動版を採用した2.5cmハードドーム型トゥイーターを採用しています。
この振動版はチタンをベース材にダイヤモンドの薄膜をイオンプレーティングした複合材となっており、高剛性で共振点を持たず、軽いという優れた振動版になっています。
また、コイルをダイヤモンドの表面に巻き、ダイヤモンドの熱伝導性の良さを生かして熱を拡散しており、ボイスコイルに熱を持たせません。
また、エッジまでを一体化したドーム振動版とダイレクトインナー・クラスAサスペンションによる構造を採用しており、ボイスコイルとドームが一体となって伝達ロスがない、エッジをつけるための接着剤を使わないため振動系に対する付加質量がかからない、エッジの不要輻射がないなどの特徴を得ています。

ウーファー、スコーカー、トゥイーターの全てにクラスAサスペンションを採用しています。

ネットワークにはウーファー、スコーカー、トゥイーターにそれぞれ別の基板を用意した分離型ネットワークとして、相互干渉を抑えています。
さらにLS-990ADではユニットとネットワーク間のクロストークにも着目し、ネットワークのsエッチ方法を大幅に変更しており、さらにネットワーク回路のアースとスピーカーユニットへのアースを独立して供給するクリーンアースラインを採用し、よりクリーンな信号がユニットに流れるようにしています。

レベルコントロールには、アコースティックレベルコントロールを採用しており、セッティング状況に合わせた調整が可能です。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁型
ユニット 低域用:33cmコーン型
中域用:10cmセミドーム型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz〜47kHz
最大入力 200W(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 600Hz、5kHz
外形寸法 幅355×高さ671×奥行321mm
重量 22kg