オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-700の画像
 解説 

音楽の感動や情緒、演奏する場の雰囲気を表現できる音を目指して開発されたLSシリーズのスピーカーシステム。

LS-700の開発では、徹底した物理特性の追求を行った上で、音色の追求が行われています。
物理特性を追求するために、周波数特性をはじめ、30゜・60゜の指向特性、歪特性、過渡特性などのあらゆるデータを厳しく抑えています。
そして、測定器では測りきれない音色を追求するため徹底したヒアリングを行っており、和室、洋室、部屋の大きさ、部屋の構造、地域、気候を考慮に入れると共に、人間の耳を重視するために演奏家や評論家、販売店員などの60数名がLSシリーズのヒアリングに参加しています。

スピーカーユニットをバッフル板の中心線(縦横とも)上に配置すると、中高域の特性劣化を導いてしまうため、スピーカーの配置は左右のどちらかに寄せる必要があります。しかし、従来のスピーカーでは製作工程上の問題から左右のスピーカーが両方とも同じ方向に偏ってしまい、音場も傾いていました。
LS-700では、音場と音質を追求するために左右対称設計を採用しており、より自然な音場と音質を獲得しています。

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。
従来、密閉型スピーカーで低域の量感を出すためには振動系の質量を大きくすることが原則でしたが、LS-700をはじめとするLSシリーズでは軽量コーン紙を使用し、さらにコーン紙に独特のコルゲーションをつけるとともにダンパーやエッジのコンプライアンスを良くし、エンクロージャーの材質や吸音材の材質・密度・量を調整することによって軽量コーンで低foのウーファーを実現してます。
コーン紙には、ヤング率が高く、軽量でも十分な強度を持ち、適度な内部ロスを含んだ、カナダ産のクラフトパルプ材を素材に使ったCFコーンを採用しています。さらに、LS-700ではCFコーンにSBRと呼ばれる化学合成物質を含浸させることで繊維間の結合をより強くし、ヤング率の高い振動板を実現しています。また、エッジには大入力時の変化を防止する非対称S字型エッジを採用し、さらに歪を防止する制動材塗布の布製チャンバーも採用しています。
磁気回路には電流歪を追放する有孔T字型ポールピースを採用するとともに、断面積が従来の2倍と大きいロングボイスコイルを採用することで、歪の少ない音を実現しています。
フレームにはダイキャスト製フレームを採用しており、フレーム自体の共振や共鳴をシャットアウトしています。

中域には12cmコーン型スコーカーを搭載しています。
このユニットは複合型構造となっており、中高域用には45φのボイスコイルに直結したソフトドームを使用し、中低域用にはコーンを使用しています。コーンにはウーファーと同様にSBRを含浸したCFコーンを採用しており、出力音圧特性の平坦化と歪の低減を実現しています。
エッジ部には天然ゴム成分90%の合成ゴムを用いたS字型ゴムエッジを採用しており、内部ロスが大きく方向性が無いというゴムの特性によって音の歪を追放しています。
ボイスコイルボビンには硬質で軽量、耐熱・耐振性に富んだTLP紙を使用しており、振動板への伝達能力を向上しています。また、強力な磁気回路を使用することで過渡特性を向上しています。

高域にはソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
振動板には熱成型した絹を採用しており、高域での刺激的な音を排除して艶のあるソフトな高音を実現しています。さらに、LS=700では絹のソフトドームにSBRを含浸させ、衝撃音に対する立ち上がりを改善しています。
樹脂成型のイコライザーをT字型ポールピースに取付ける事で機械的な共振やロスをシャットアウトしています。特にLS-700では振動板に一定した背圧がかけられるように、通気性の良いイコライザーを設置しており、ダンピングの効いた立ち上がり特性を得ています。
SBRを含浸して弾力性を持たせた振動板を使用しているため、ボイスコイル周辺と中心部分の位相差が多少発生します。この位相差を無くすため、振動板の前面にイコライザーを装備しています。

ネットワークのウーファー部には低歪率のケイ素銅版積層コイルを採用しています。また、トゥイーター部にはメタライズドポリエステルコンデンサーを使用することで高域の立ち上がりを向上させています。
また、アッテネーターには従来の連続可変型に比べてインピーダンスの変動が少ない5段ステップ・インピーダンス・マッチング型を採用しています。LS-700では±5%以内で2dBステップで5段階の減衰をさせることができます。

バッフル板にはヤング率の高いムクのランバーコアと柔らかい単板を貼り合わせて使用しており、芯材と両側面の単板の材質によって互いの物性の不足を補うことで音質改善を図っています。また、フラットなバッフルを採用するとともにアッテネーターを小さくまとめることで指向性の向上を図ってます。
外観は単板の美しい木目をそのまま生かした仕上げとなっています。

エンクロージャーには音響特性と豪華さを兼ね備えたブラジリアンローズの天然木を使用しています。

サランネットにはパールホワイトのジャージを使用しています。

別売でスピーカースタンドがありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:30cmコーン型(ボイスコイル径3.8cm)
中域用:12cmコーン型(ボイスコイル径4.5cm)
高域用:ドーム型(ボイスコイル径2.54cm)
再生周波数帯域 30Hz〜20kHz
最大入力 80W
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 600Hz、6kHz
レベルコントロール 5段切換えスイッチ式完全インピーダンスマッチング式
外形寸法 幅420×高さ700×奥行354mm
重量 24kg
別売 スピーカースタンド SR700(2台1組、\7,500)