オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-606の画像
 解説 

パワーリニアリティとフラットな周波数レスポンスを同時に満たす「リニアレスポンス」を追求して開発されたスピーカーシステム。

低域には33cmコーン型ウーファーを搭載しています。
コーン部にはホットエアー・プレスコーンを採用しており、プレス成型で用いられる金型のかわりに、トリオ独自に開発したコーン紙に熱風を吹きつけるという独自の方法を採用しています。
これにより、ロスやヤング率はプレスコーンとノンプレスコーンの中間となり、剛性は両者より高いものとなっています。

中域には13cmコーン型スコーカーを搭載しています。
このユニットでは、チャンバーに当たる部分にセンターポールを設けており、ダイアフラムの分割振動を押え、立ち上がり立下り特性をシャープにしています。また、高域の周波数特性をフラットにしてトランジェント特性を改善しています。

高域にはホーン型トゥイーターを搭載しています。

ネットワーク部ではコイルの遠隔独立配置や配線まわりの大幅な改革を行っており、相互干渉を抑えています。

バッフル部は、ウーファーとハイレンジ(スコーカー/トゥイーター)との振動を改善する音響シールドバッフルを採用し、定位を改善しています。
またエンクロージャーには、徹底した測定と試聴の結果をもとに開発された新しい音響用ホモゲン材を採用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:33cmコーン型(LC-0070)
中域用:13cmコーン型(MC-0062)
高域用:ホーン型(HH-0057)
周波数特性 32Hz〜20kHz
最大入力 120W
定格入力 80W
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 900Hz、5kHz
アコースティックレベルコントロール 中域:±2dB、3ステップ
高域:±3dB、3ステップ
外形寸法 幅390×高さ710×奥行323mm
重量 29.5kg
別売 スピーカースタンド SR-2000S(2台1組、\12,000)
<ユニット特性>
型番 LC-0070 MC-0062 HH-0057
型式 33cmコーン型 13cmコーン型 ホーン型
再生帯域 fo〜2.5kHz 120Hz〜15kHz 2.5kHz〜20kHz
出力音圧レベル 93dB/W/m 92dB/W/m 105dB/W/m
インピーダンス
磁束密度 10,000gauss 12,000gauss 15,000gauss
総磁束 133,000maxwell 53,700maxwell 27,000maxwell