オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LS-11ESの画像
 解説 

コンパクトサイズの3ウェイスピーカーシステム。

低域には19cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板にはクロスダイニーマを採用しており、軽量で音の伝播速度が速く、内部損失の大きいダイニーマ繊維と弾性率の大きな炭素繊維を平織りにした複合化振動板となっています。

中域には8cmセミドーム型スコーカーを搭載しています。
振動板のドーム部には、アルミ合金基材の両面に硬質セラミック層を生成させたサンドイッチ複合構造を採用することで、剛性と内部損失を確保しています。また、ボイスコイルボビンに直結させることで伝送ロスを抑えています。また、コーン部には天然繊維による軽量振動板を採用しています。
さらに、振動板からの音の反射、干渉、回折を低減し、指向特性の改善を図った球面波ホーンバッフルを採用しています。

高域には1.6cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
振動板にはクリスタルプラズマダイヤモンドを採用し、剛性を向上することで高域限界を高めています。
また、スコーカーと同様に球面波ホーンバッフルを採用することで、音の反射、干渉、回折を低減しています。

トゥイーター用に連続可変型のレベルコントロールを搭載しています。

ネットワーク部にはリッツパターンプリント基板を採用しています。
また、各回路間での相互干渉を最小限にするため、各ユニット用にネットワークを分離して配置しています。

エンクロージャーはフロントバッフルの面積をなるべく最小限に留めることで定位を改善し、ラウンドバッフルによって音の回折効果を低減しています。また、容積を確保するため、奥行きを充分にとった設計となっています。
背面にはダクトが設けられており、キャビネット内部の定在波による悪影響をキャンセルできる位置に設置しています。

ブラウンカラーのLS-11ESと、ダークブラウンカラーのLS-11ES(D)がありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
ユニット 低域用:19cmコーン型
中域用:8cm複合型
高域用:1.6cmドーム型
再生周波数帯域 45Hz〜50kHz
最大入力 130W(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧レベル 89dB/W/m
クロスオーバー周波数 1kHz、5kHz
最大外形寸法 幅228×高さ403×奥行275mm
重量 8.5kg
別売 スピーカースタンド SG-11(2台1組、\16,000)