オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KX-71Rの画像
 解説 

ドルビーCやNew D.P.S.S.を搭載した往復録再のオートリバースデッキ。

クイックリバースには回転ヘッド方式を採用しています。
Forward方向とReverse方向それぞれ独立してアジマス調整が可能なため、往復のアジマスずれが少なくヘッドタッチが確実となっています。
また、リバース時はリーダーテープエンドではなく、テープ(録音可能部)エンドを検出する赤外線センサーを採用したクイックリバースのため、ヘッドの反転動作は0.4秒、音なし時間は0.8秒と早く、音楽がとぎれる時間は非常に短くなっています。

ノイズリダクションシステムには、ドルビーCを搭載しており、優れたSN比を獲得しています。

テープ操作をイージー・オペレーション化したNew D.P.S.S.を搭載しています。
主な機能として、好きな曲を16回繰り返して聴ける一曲リピート再生、好きな曲を呼び出せる前後最大16曲頭出し再生、イントロだけを次々と再生するインデックススキャン、好きなテープを繰り返し聴ける片面・両面フルリピート再生、巻戻されていないテープでもワンタッチで頭出し再生するリワインド・プレイ、曲間の空白部分を自由に作れるオート・レック・ミュート、録音の失敗もワンタッチで取り返す一発録音録り直し、無録音部分を自動的に探すブランクサーチなどの機能を搭載しています。

メインモーターには電子ガバナー付DCモーターを採用しています。また、リールモーターにはもうひとつの電子制御DCモーターを使用した2モーター方式となっています。

電源部はメカ駆動用にトランスの巻線を独立巻線としているため、安定した定電圧を作り出しています。

レベルメーターは左右7ポイントの2色LED表示式を採用しています。

専用マイクアンプ回路を装置し、高音質なマイク録音設計となっています。

テープセレクターは3ポジションの選択が可能で、プッシュ式再生イコライザーと録音イコライザー、録音バイアスを同時に切換えできます。

再生専用デッキKX-5Pと組合わせてテープtoテープのダビング編集に便利なシンクロ端子を搭載しています。

タイマースタンバイ機構を搭載しています。

機種の定格
型式 オートリバースステレオカセットデッキ
トラック形式 ステレオ
録音方式 交流バイアス(85kHz)
ヘッド 録音・再生:ハードパーマロイヘッド(回転式)
消去:ダブルギャップフェライトヘッド
モーター キャプスタンモーター:電子制御DCサーボモーター
リールモーター:電子制御DCサーボモーター
ワウ・フラッター ±0.08% W・Peak(EIAJ)
0.04%(WRMS)
早巻時間 約85秒(C-60)
周波数特性 ノーマルテープ:30Hz〜15000Hz ±3dB
クロームテープ:30Hz〜16000Hz ±3dB
メタルテープ:30Hz〜16000Hz ±3dB
歪率 メタルテープ:0.9%(1kHz、3次高調波歪率、EIAJ)
SN比 EIAJ メタルテープ:55dB
Dolby C on:75dB
Dolby B on:67dB
Dolby NR off:58dB
入力端子 マイク:0.7mV(適合インピーダンス600Ω)
ライン:77.5mV(入力インピーダンス50kΩ)
出力端子 ライン:270mV(出力インピーダンス3.3kΩ)
ヘッドホン:0.2mW(出力負荷インピーダンス8Ω)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 AC 20W(電気用品取締法)
外形寸法 EIAJ:幅440×高さ107×奥行210mm
突起部含む:幅440×高さ117×奥行232mm
重量 4.9kg