オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KX-6000の画像
 解説 

ドルビーNRやバイアス・イコライザー切換えを搭載したステレオカセットデッキ。

KX-6000では巻取りリールとキャプスタン駆動ベルトを分離したメカニズムを採用しています。
従来のカセットデッキでは、キャプスタン駆動と巻取りリール駆動を1本のベルトで行っており、巻取りリール駆動時の振動がキャプスタンに伝わり音質劣化を起していました。KX-600では分離メカニズムとして、キャプスタン駆動に平ベルト、巻取りリール駆動に角ベルトを使うことで相互干渉を防いでいます。
また、キャプスタンには直径52mm、重量160g、感性質量4730g・cm2のダイキャスト製フライホイールを設けることで滑らかな回転を実現しています。さらに、このキャプスタンは工作精度を高め真円度誤差を0.1μ以下に抑えており、平ベルトに厚さムラ0.05mm以下のネオプレンゴムを採用したことと相まって、テープ巻取り時に発生する負荷変動や振幅を大幅に減少させています。

ヘッドには従来のパーマロイヘッドに比べて硬度が2倍、耐久性が10倍のハードパーマロイヘッドを採用しています。

テープヒスやテープノイズを低減するため、ドルビーノイズリダクションを搭載しています。
KX-6000では、専用ICを使用することで調整ズレや経年変化を抑えています。

イコライザー3段(ノーマル/エキストラ/クローム)、バイアス2段(ノーマル/クローム)の独立切換方式を採用しており、使用するテープの能力を発揮した録音が可能です。

-12dBのマイクアッテネーターを搭載しており、音圧エネルギーの大きな音源をマイクで録音してもサチュレーションが起きません。

市販のタイマーを接続することで留守録音や目覚まし再生が可能なタイマースタートメカを搭載しています。

フルオートシャットオフ機構を搭載しており、テープの走行が終ると電子かリオが走行終了を感知し、シャットオフが作動します。

テープの記録磁束密度160pwbを0VUの録音基準レベルとしたVUメーターを搭載しています。

マイクを1本接続時はL側ジャックに接続することで1本のマイクでも左右両チャンネルに録音できます。

出力レベルをコントロールするためのボリュームを背面パネルに設けてあります。

別売りオプションとしてキャリングハンドルがありました。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ
モーター 電子制御DCモーター
ヘッド 録再:ハードパーマロイヘッド
消去:フェライトヘッド
テープ速度 4.76cm/s
ワウ・フラッター 0.07%以下(WRMS)
周波数特性 クローム:30Hz〜16kHz(40Hz〜14kHz ±3dB)
ノーマル:30Hz〜14kHz(40Hz〜13kHz ±3dB)
SN比 ノーマル:50dB以上(Dolby off)
      58dB以上(Dolby on)
クローム:53dB以上(Dolby off)
      61dB以上(Dolby on)
早送り・巻戻し 80秒以内(C-60テープ時)
総合歪率 1.5%以下(1kHz、0VU、ノーマルテープ)
録音バイアス 交流85kHz
消去方式 交流消去
入力感度/インピーダンス Mic:0.2mV/8kΩ(ローインピーダンスマイク)
Line:77.5mV/180kΩ
Din:0.4mV/4kΩ
出力レベル/インピーダンス Line、Din:0.775V/100kΩ
Mic/Dinアッテネーター -12dB
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 8.5W
外形寸法 幅430×高さ149×奥行324mm
重量 7.8kg
別売 キャリングハンドル D-7(左右1組、\3,000)