オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KP-9010の画像

KENWOOD KP-9010
\99,800(1988年頃)

解説
ケンウッド独自の技術を投入し、アナログプレイヤーが出し難かった静寂の表現を目指したアナログプレイヤー。

モーターとアームの支点を明確化した高剛性メカニカル・ショート・サーキットを搭載しており、モーターとアームはフレームと剛体化し、音をピックアップする再生系サーキットを形成しています。
また、振動の発生源となるトランスや、振動を受けやすいキャビネット、ダストカバーは再生系サーキットから完全にフローティングするユニファイド・アルミダイキャストフレームとしています。
これにより、モーターの支点とアームの支点をクリアに明確化することができ、スピーカーの音圧から生じる振動も床からの振動も徹底的に排除し、音の濁りを大幅に改善しています。

ケンウッド独自のDS(ダイナミック・スタビリティ)トーンアームにより、支点をガッチリ固定する独自のナイフエッジを設置しています。
これにより、針先がどんな大信号溝をトレースしても、トーンアームの支点が回転方向に引張られずに音溝をトレースできるようになっています。

スピンドルを回転絶対中心点にロックするためDL(ダイナミック・センターロック)モーターを採用しています。
スピンドルの外径面にきった特殊なオイルスリットにより、流体の圧力を利用した力で、スピンドル回転軸上に固定して、回転絶対中心点を保持しています。
これにより、優れたワウフラッターを得るとともに、磨耗部分を持たないため、長期間使い込んでも性能劣化を起こしません。

駆動回路に2相正弦波方式を採用しています。
さらに、3つの閉ループを持つツインカレント・スクエアサーボ回路を開発し、モーターに流れる電流実効値を制御することで超低域のワウフラッターを減少させ、トルクのふらつきを防止しています。

特殊な防振特性をもつ弾性体を使いキャビネットをフローティングさせており、キャビネットの振動をフレームに伝えない構造となっています。さらに防振ゴムの三段積上げ式大型インシュレーターにより、床からの振動も排除しています。

カートリッジは付属していません。
 
 
内部構造
 
機種の定格
型式 オートアップDDターンテーブル
<フォノモーター部>
駆動方式 ダイレクトドライブ
モーター クォーツPLLコアレス&スロットレス
起動トルク 2.0kg・cm
ターンテーブル 33cm、1.9kgアルミ合金ダイキャスト
慣性モーメント 450kg・cm2(ゴムシート含む)
回転数 33 1/3、45rpm
ワウ・フラッター 0.005%(FG直読法)
SN比 90dB(DIN-B)
定常負荷特性 0%(針圧470gまで)
起動特性 1.1秒
回転数偏差 ±0.003%以内
時間ドリフト 0.0005%/h以下
温度ドリフト 0.00005%/℃以下
電源電圧特性 0%(±10V)
<トーンアーム部>
型式 スタティックバランスJ字型DSアーム
アーム実効長 245mm
オーバーハング 15mm
トラッキングエラー +1.8゜〜-1.0゜
針圧可変範囲 0〜3.0g(0.1gステップ)
適用カートリッジ重量 2〜12g(付属シェル使用時)
<総合>
付属機構 無接点オプティカル検出オートアップ機構
スタティック型アンチスケーティング機構
トーンアーム高さ調整機構
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 15W
外形寸法 幅490×高さ182×奥行410mm
重量 14.5kg