オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KP-3022の画像
 解説 

フルオート機構に加え、テーパードアームや低発泡キャビネットなどの共振防止設計を採用したフルオートプレイヤー。

フルオート機構を搭載しており、オートリードイン、オートカット、オートリターン、オートリピートが可能です。
また、針先がレコード盤に離着する時のショックノイズは、ミューティングスイッチによってシャットアウトしています。

電磁リレー方式による独自の遅延回路を採用しており、スタートボタンを押すとすぐにアームが動作を開始します。
また、ポーズエレベーション機構を搭載しており、ポーズレバーをON-OFFと切換える事でアームのアップダウンが可能です。

ターンテーブル駆動用に4極シンクロナス型モーターを使用し、アーム動作の駆動用には24極シンクロナスギヤードモーターを使用して回転の安定化を実現しています。
また、センターシャフトは、鏡面仕上げをした軸はロールバニシング加工、軸受けは超硬質スチールボールによるボールバニシング加工を採用することで、正確な回転を得ています。

アームには、スタティックバランスタイプの高感度パイプアームにテーパーをつけることで広帯域にわたって共振を防止した楕円テーパードアームを採用しています。また、ピボット部には特殊ダンパー材を採用してハウリングやSN比を改善しています。
このトーンアームは、アーム全体でラテラルバランスをとるように設計されており、バランサーをアームにとりつける必要が無いため、トーンアームの実効質量を少なくすることができています。
また、アンチスケーティング・メカニズムを搭載しており、軽針圧動作時に針とびの原因となるインサイドフォースを打消します。

アームをスタンドに固定した状態でオーバーハングの調整が可能です。

スライドロック式プラグインコネクターを採用しており、確実なシェル交換が可能となっています。

カートリッジには、針先の傾きが調整できるアジャスターを搭載しています。

木製キャビネットにおける共振点のバラツキを追放し、低発泡樹脂成形を採用することで共振を抑えています。
また、パネルフローティング機構を搭載しており、設置場所や音響条件により、ハウリングが出やすい状況の時には、パネルボードをキャビネットからフローティングすることにより、大きな効果が得られます。

CD-4再生対策として32.5pF/mの低容量コードを採用しており、カートリッジの出力端子からピンプラグまでを100pF以下に抑えています。

機種の定格
型式 フルオートプレイヤー
<ターンテーブル部>
駆動方式 ベルトドライブ
駆動機構 2モーター方式
ターンテーブル駆動用及びオート機構駆動用
駆動モーター ターンテーブル駆動用:4極シンクロナス型モーター
オート機構駆動用:24極シンクロナス型ギヤードモーター
ターンテーブル 30cmアルミダイキャスト製、1.1kg
回転数 2スピード、33 1/3rpm、45rpm
ワウ・フラッター 0.08%以下WRMS
SN比 48dB
<トーンアーム部>
型式 スタティックバランス型無共振テーパードパイプアーム
スライドロック式EIA規格プラグインコネクター
アンチスケーティング機構
針圧直読式バランスウェイト
トータルラテラルバランス
スタイラス・ホリゾンタルアジャスター
トラッキングエラー ±1.5゜以内
<カートリッジ部>
カートリッジ MM型、0.6milダイヤ針つき
交換針 N-39
適正針圧 2g
最適負荷インピーダンス 50kΩ
出力電圧 5mV(1kHz、50mm/sec)
出力バランス 2.5dB(1kHz、50mm/sec)
周波数特性 20Hz〜20kHz
チャンネルセパレーション 25dB(1kHz)
<その他>
ダストカバー アクリル製着脱自在フリーストップタイプ
付属機構 (全電動式)フルオート機構
マニュアル操作機構
レコードサイズセレクター
電子式遅延回路
ポーズエレベーション
針先ゲージ兼用パイロットランプ
アンチスケーティング
パネルフローティング
シェルスタンド
電源コード巻き枠
電源電圧 100V、50Hz/60Hz
使用可能電圧 90V〜110V
定格消費電力 7W
外形寸法 幅448×高さ173×奥行374mm
重量 8.0kg
付属 両ピン式超低容量オーディオコード
EPアダプター