オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

TW-510の画像
 解説 

ソリッドステートに対するそれまでの経験と技術をもとに開発されたAM/FMステレオレシーバー。

メインアンプ部はSEPPのOTL回路となっています。この回路にはメサ型シリコントランジスタが全面的に使用されており、諸特性を改善しています。
また、自動的に復帰する独自の保護回路を搭載してます。

イコライザーアンプは、増幅段間の結合にCRを使用しない直結増幅回路とし、低域の特性を改善しています。

ローフィルター、ハイフィルター、トーンコントロール、ラウドネスコントロールなどの機能を搭載しています。

FMフロントエンドにはFETを採用しており、イメージレシオや混変調、S/Nなど様々な特性を改善しています。
また、5段IF増幅4段リミッター構成となっており、MPX部はCCM方式によるスイッチング方式を採用しています。

FMモノ⇔ステレオ自動切換回路や、局間ノイズをカットするミューティングスイッチを搭載しています。

機種の定格
型式 AM/FMステレオレシーバー
<チューナー部>
受信周波数 FM:76〜90MHz
AM:520〜1610kHz
感度(IHF) FM:2.0μV/84MHz
AM:150μV/m、1MHz
イメージ比 FM:72dB(84MHz)
AM:45dB(1MHz)
周波数特性 FM:20Hz〜20kHz ±0.5dB
SN比 FM:70dB以上(100%変調、100μV入力)
AM:45dB以上(30%変調、1mV入力)
歪率 FM:0.7%以下
アンテナ入力インピーダンス FM:300Ω平衡型
周波数ドリフト FM:±30kHz以内
<FMマルチ部>
セパレーション 38dB以上(400Hz)
歪率 0.7%以下
キャリアリーク -45dB以下
<アンプ部>
実効出力 20W/20W(8Ω、歪0.8%)
ミュージックパワー 50W(8Ω、歪0.8%)
周波数特性 15Hz〜50kHz ±0.5dB
出力帯域特性 18Hz〜60kHz -3dB(歪0.8%、実効出力)
歪率(1kHz) 0.8%以下(出力20W/20W)
0.2%以下(出力18W/18W)
0.15%以下(出力17W/17W)
利得/インピーダンス(1kHz、実効出力時) MAG:2.1mV/100kΩ
Tape HD:2.5mV/100kΩ
AUX、Tape Play:130mV/50kΩ
トーンコントロール 100Hz:±11dB
10kHz:±11dB
ラウドネスコントロール(Volume -30dB) 100Hz:+9dB
10kHz:+3dB
イコライザー RIAA、NAB
フィルター Low Filter:80Hz以下、6dB/oct
High Filter:6kHz以上、6dB/oct
SN比(Volume最大、トーンコントロールフラット) MAG、Tape HD:60dB
AUX、Tape Play:73dB
残留雑音 0.8mV(8Ω、Volume 最小)
ダンピングファクター 23(8Ω)
46(16Ω)
<総合>
付属回路 FMモノ⇔ステレオ自動切換装置
FMミューティングスイッチ
FMステレオ表示ランプ
4段FMノイズリミッター
SCAフィルター
AMバーアンテナ
テープモニター
プロテクションサーキット
ステレオヘッドホンジャック
ハイ/ローフィルター
ラウドネスコントロール
CR型トーンコントロール
モノ出力端子
DIN規格録再コネクター
使用半導体 トランジスタ:37個
FET:1個
ダイオード:24個
電源 AC100V/117V、50Hz/60Hz
消費電力 無信号時:20W
最大出力時:100W
外形寸法 幅420×高さ140×奥行310mm
重量 10.5kg