オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

TW-360の画像
 解説 

TK-40などの既に発売した製品での経験を基に、高品質・高性能を目指して開発されたAM/FMステレオレシーバー。

アンプ部の回路構成は、ITL、SEPPのOTLで歪の無い再生を図っており、特にシリコントランジスタを使用することで周波数特性を改善しています。
また、イコライザーアンプには直結増幅回路を採用しており、CR等による低域のロスを抑えています。
自動復帰型の保護回路を搭載しており、パワートランジスタを保護しています。

チューナー部は3連バリコン、5段IF増幅、4段リミッターにより、良好な感度とS/N、選択度を得ています。
また、モノ⇔ステレオ自動切換装置を搭載しており、ステレオ受信時にはインジケーターで確認できます。
SCA放送とのビート対策のため、SCAフィルターを搭載しています。

機種の定格
型式 AM/FMステレオレシーバー
<チューナー部>
受信周波数 FM:76〜90MHz
AM:520〜1610kHz
感度(IHF) FM:2.5μV/84MHz
AM:150μV/m、1MHz
イメージ比 FM:55dB(84MHz)
AM:45dB(1MHz)
周波数特性 FM:20Hz〜20kHz ±0.5dB
SN比 FM:60dB以上(100%変調、100μV入力)
AM:45dB以上(30%変調、1mV入力)
歪率 FM:0.7%以下
アンテナ入力インピーダンス FM:300Ω平衡型
周波数ドリフト FM:0.02%以下
<FMマルチ部>
セパレーション 38dB以上(400Hz)
歪率 0.7%以下
キャリアリーク -45dB以下
<アンプ部>
実効出力 14W/14W(8Ω、歪1%)
ミュージックパワー 40W(4Ω、歪1%)
35W(8Ω、歪1%)
周波数特性 20Hz〜50kHz ±1dB
出力帯域特性 20Hz〜60kHz -3dB(歪1%、実効出力)
歪率(1kHz) 0.3%以下(出力9W/9W)
0.15%以下(出力3W/3W)
0.2%以下(出力0.3W/0.3W)
利得/インピーダンス(1kHz) MAG:2.1mV/100kΩ
AUX、Tape Play:130mV/50kΩ
トーンコントロール 100Hz:±11dB
10kHz:±11dB
ラウドネスコントロール(Volume -30dB) 100Hz:+9dB
10kHz:+3dB
イコライザー RIAA
ノイズフィルター 6kHz以上、6dB/oct
SN比(Volume最大、トーンコントロールフラット) MAG:60dB
AUX、Tape Play:70dB
残留雑音 1mV(8Ω、Volume 最小)
ダンピングファクター 20(8Ω)
<総合>
付属回路 FMモノ⇔ステレオ自動切換装置
FMステレオ表示ランプ
4段FMノイズリミッター
SCAフィルター
AMバーアンテナ
テープモニター
プロテクションサーキット
ステレオヘッドホンジャック
ノイズフィルター
ラウドネスコントロール
CR型トーンコントロール
モノ出力端子
DIN規格録再コネクター
使用半導体 トランジスタ:35個
ダイオード:24個
電源 AC100V/117V、50Hz/60Hz
消費電力 無信号時:13W
最大出力時:50W
外形寸法 幅420×高さ140×奥行310mm
重量 9kg