オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KR-V888Dの画像
 解説 

ドルビーデジタルを搭載したマルチAVセンター。

高精度24bit演算DSPチップを採用しており、ドルビーデジタル(AC-3)に対応しています。
ドルビーデジタルは2ch信号をデコードするドルビープロロジックに比べ、サラウンドのステレオ化を含む5.1chのデジタル信号により、音質や空間的な広がり、ダイナミックレンジの面で優れた再生を可能にしています。

ケンウッドが独自開発したファイナルトランジスタTRAITRを5チャンネル全てに搭載しています。
TRAITRは温度検出・補正回路をパワートランジスタに内蔵し、ワンチップ化に成功したもので、優れた動特性を実現しています。

音楽ソフトに応じて、リスニングルームに演奏された雰囲気と同じ状態が作れる5モードのDSPを搭載しています。オリジナルの信号に劇場やジャズクラブ、スタジアムなどの臨場感を加えることで、音の広がりを感じられます。

ドルビーデジタル、ドルビープロロジック、ドルブー3ステレオを3種類のサラウンドモードに対応しています。

付属のリモコンで基本的な本体の操作のほか、オンスクリーンディスプレイ操作やKR-V888Dに接続された機器の操作も可能です。

FM/AMステレオチューナーを内蔵しており、ランダムに最大40局までプリセットが可能です。

ドルビーデジタル デジタルイン:コアキシャル1系統、オプティカル1系統を搭載しています。

ビデオ端子は入力4系統、出力2系統を搭載しており、オーディオ端子は入力7系統、出力2系統を搭載しています。

機種の定格
型式 マルチAVセンター
<オーディオ部>
定格出力(ステレオモード) 120W+120W(4Ω、20Hz〜20kHz、0.08%)
実用最大出力(ステレオモード) 140W+140W(4Ω、EIAJ)
最大出力(サラウンドモード) フロント:120W+120W(4Ω、1kHz、0.7%)
センター:120W(4Ω、1kHz、0.7%)
サラウンド:60W+60W(4Ω、1kHz、0.7%)
全高調波歪率 0.015%(1kHz、60W、4Ω)
ダンピングファクター 190(50Hz)
周波数特性 Line:5Hz〜85kHz +0.5 -3dB
イコライザー偏差 20Hz〜20kHz ±0.6dB
最大許容入力 MM:120mV(0.2%)
SN比 Phono MM:75dB(IHF66)
Line:95dB
トーンコントロール Bass:±8dB(100Hz)
Treble:±8dB(10kHz)
ラウドネスコントロール(Volume-40dB) +7dB(100Hz)、+3dB(10kHz)
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ
Line:200mV/47kΩ
Adaptor IN:400mV/10kΩ
出力レベル/インピーダンス Tape Rec:200mV/1kΩ
Adaptor Out:200mV/1kΩ
Center ch Pre Out:1V/600Ω
Surround ch Pre Out:1V/600Ω
Subwoofer Pre Out:1V/1kΩ
<ビデオ部>
入力感度/インピーダンス Video(コンポジット):1Vp-p/75Ω
出力レベル/インピーダンス Video(コンポジット):1Vp-p/75Ω
信号方式 NTSC
<FMチューナー部>
受信周波数範囲 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 75Ω不平衡
300Ω平衡
実用感度 mono:1.6μV(75Ω)/15.2dBf(75kHzdev、SINAD30dB)
高調波歪率(1kHz) mono:0.6%
stereo:0.7%
SN比(1kHz 75kHzdev/65dBf入力) mono:75dB
stereo:68dB
ステレオセパレーション 40dB(1kHz)
実効選択度(±400kHz) 50dB
周波数特性 30Hz〜15kHz +0.5 -3.0dB
<AMチューナー部>
受信周波数 531kHz〜1602kHz
実用感度(30%変調、S/N20dB) 16μV(600μV/m)
SN比(30%変調、1mV入力) mono:48dB
stereo:38dB
ステレオセパレーション 30dB
<総合>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 250W
最大外形寸法 幅440×高さ147×奥行392mm
重量 11kg
付属 GUI対応リモコン RC-R0905