オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KR-5340の画像
 解説 

メインアンプを4台搭載し、左右にそれぞれ2台ずつBTL接続することが可能な高級レシーバー。

FMMPX部にはトリオ独自のダブルスイッチング・デモジュレーター方式を採用し、50Hz〜8kHzの広帯域にわたりセパレーションを大幅に改善しています。
さらに、当時放送開始が予測されていたFMディスクリート放送に備えて、FM DET端子も搭載しています。

SQデコーダー・RM回路を内蔵しており、リア用のスピーカー2本を追加することで、4chシステムを組む事も可能です(CD-4再生には、CD-4デモジュレーター、CD-4用カートリッジが必要です)。

機種の定格
型式 AM/FMステレオレシーバー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡型/75Ω不平衡型
感度 2.0μV
クワイティングスロープ 48dB(5μV)
60dB(10μV)
63dB(50μV)
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.5%以下
stereo:0.8%以下
SN比(100%変調、100μV入力) 63dB以上
キャプチャーレシオ 3.0dB(IHF)
選択度 50dB以上(IHF)
イメージ比 60dB以上
IF妨害比 90dB以上
AM抑圧比 60dB以上
高調波スプリアス比 90dB以上
セパレーション(1kHz) 40dB以上
帯域セパレーション(50Hz〜8kHz) 28dB以上
サブキャリア抑圧比 45dB以上
<AMチューナー部>
受信周波数 520kHz〜1,610kHz
感度 25μV(IHF)
選択度 30dB以上(IHF)
イメージ比 45dB
IF妨害比 35dB以上
<アンプ部>
ミュージックパワー(IHF) 2ch動作:96W(8Ω)
4ch動作:80W(8Ω)
実効出力
20Hz〜20kHz 2ch動作:25W+25W(8Ω)
4ch動作:10W×4(8Ω)
1kHz: 2ch動作:30W+30W(8Ω)
4ch動作:12W×4(8Ω)
全高調波歪率(定格出力時、8Ω) 0.8%以下
0.3%以下(-3dB)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1、定格出力時、8Ω) 0.8%以下
0.3%以下(-3dB)
ダンピングファクター 20(4ch動作、1kHz、8Ω)
残留雑音(4ch動作) 1mV以下
入力感度/インピーダンス Phono:2.5mV/50kΩ
AUX、Tape Play(PIN):150mV/50kΩ
録音レベル/インピーダンス Tape Rec(PIN):150mV/100Ω
Tape Rec(DIN):40mV
最大入力電圧 100mV RMS 1kHz
SN比 Phono:60dB
AUX、Tape Play:75dB
周波数特性(AUX、Tape Play) 20Hz〜20kHz ±1dB
イコライザー(RIAA標準カーブに対して) ±1dB
トーンコントロール Bass:100Hz、±10dB
Treble:10kHz、±10dB
ラウドネスコントロール(-30dB) 100Hz:+10dB
10kHz:+5dB
<総合>
電源電圧 AC100V/117V、50Hz/60Hz
消費電力 115W(電気用品取締法)
外形寸法 幅500×高さ153×奥行360mm
重量 14.5kg