オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KR-4200の画像
 解説 

ダブルスイッチング・デモジュレーター方式を採用したAM/FMステレオレシーバー。

チューナー部のマルチ・セクションにダブルスイッチング・デモジュレーター方式を採用しています。
主スイッチングと補助スイッチング回路の出力を左右対称にして、逆位相にとり、両スイッチング回路の出力を加える事によって、漏れ信号を打ち消すように設計されています。
これによりSCAフィルターの高域への悪影響や、IF段での位相ズレが引き起こす、セパレーションの劣化を防止しています。

フロントエンドには高性能FET、3連バリコン、IF部には2素子のメカニカルフィルターや高利得ICなどの回路素子を使用し、諸特性の向上を図っています。
また、FMミューティングを搭載しており、わずらわしい局間ノイズをカットできます。

メインアンプ部には、段間結合コンデンサーを取り去った±2電源方式による全段直結・純コンプリメンタリー回路を採用し、低音域の諸特性を改善しています。

プロテクション回路にはトリオが開発した過大電流検出回路と、L/R出力端子のDC電圧検出回路をOR回路に構成しています。
検出回路のいずれか一方でも動作すると、放電回路がONとなり、シュミット回路が作動し、リレー回路を駆動して出力端をアンプ回路から切り離し、スピーカーを保護します。

機種の定格
型式 ソリッドステートAM/FMステレオレシーバー
<アンプ部>
ミュージックパワー(IHF) 82W(4Ω)
62W(8Ω)
実効出力
1kHz、片チャンネル動作: 32W/32W(4Ω)
26W/26W(8Ω)
1kHz、両チャンネル動作: 26W+26W(4Ω)
20W+20W(8Ω)
20Hz〜20kHz、両チャンネル動作: 17.5W+17.5W(8Ω)
全高調波歪率(8Ω) 定格出力時:0.7%以下
定格出力時-3dB:0.2%以下
混変調歪率(8Ω) 定格出力時:0.7%以下
定格出力時-3dB:0.2%以下
周波数特性 22Hz〜35kHz ±2dB
出力帯域幅(IHF) 25Hz〜25kHz
ダンピングファクター 50(8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono:3mV/50kΩ
AUX-1、2:180mV/50kΩ
MIC:2mV/30kΩ
Tape Play-A、B:200mV/45kΩ
録再出力PIN/DIN 150mV/30mV
SN比 Phono:63dB
AUX:64dB
MIC:55dB
Tape Play:75dB
トーンコントロール 100Hz:±10dB
10kHz:±10dB
ハイフィルター 10kHz、-10dB
ラウドネスコントロール 100Hz:+10dB
10kHz:+5dB
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω平衡型/75Ω平衡型
感度 2.0μV/84MHz(IHF)
クワイティングスロープ 5μV:48dB
10μV:60dB
50μV:63dB
歪率(400Hz、100%変調) stereo:0.8%以下
mono:0.5%以下
SN比(100%変調、100μV入力) 63dB以上
キャプチャーレシオ 3.0dB(IHF)
選択度 50dB以上(IHF)
イメージ比 60dB以上
IF妨害比 90dB以上
AM抑圧比 60dB以上
高調波スプリアス比 90dB以上
セパレーション(1kHz) 40dB以上
帯域セパレーション(50Hz〜8kHz) 28dB以上
サブキャリア抑圧比 45dB以上
<AMチューナー部>
受信周波数 520kHz〜1610kHz
感度 25μV(IHF)
選択度 30dB以上(IHF)
イメージ比 45dB
IF妨害比 35dB以上
<総合>
電源 AC100V/117V、50Hz/60Hz
定格消費電力 75W
外形寸法 幅435×高さ144×奥行346mm
重量 10.7kg