オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KA-7010の画像
 解説 

ローインピーダンス負荷時におけるスピーカードライブ能力の改善を図ったプリメインアンプ。

電源部には、プラス側とマイナス側それぞれに専用のトランスを搭載しています。
電源トランスは420VAの大容量のもので、7500μF×4でトータル30000μFの電解コンデンサーを搭載しています。

パワーアンプ部の出力段にはPc=200Wのハイパワートランジスタを使用し、ローインピーダンス負荷時のドライブ能力を向上させています。

音楽信号と電源のグランドラインが混ざり合う事で発生する歪を防ぐため、ピュアシグナル・グランドラインを開発・採用しています。
この方式では、電源のリップルや各種のノイズ成分は専用グランドラインによりスピーカー端子まで導かれ、そこで初めて全てのグランドラインが合流するように配線されています。これにより、信号を増幅するメイングランドラインには純粋に信号だけが流れ、ピュアな増幅を可能としています。

信号経路を最短化し、各部間の相互干渉を排除するため、内部レイアウトに配慮がされています。
ボリュームをセンターに配置し、INPUT→SELECTOR→VOLUME→POWER AMP→SPEAKERという理論どおりの内部レイアウトを実現しています。

イコライザーアンプには、ICL高GmFET差動入力とICを採用しています。

ソースダイレクト回路を搭載しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
<アンプ部>
定格出力
(20Hz〜20kHz、両ch動作)
110W+110W(6Ω、THD 0.08%)
100W+100W(8Ω、THD 0.06%)
ダイナミックパワー 270W+270W(2Ω)
200W+200W(4Ω)
125W+125W(8Ω)
全高調波歪率(CD、8Ω)
20Hz〜20kHz: 0.006%(100W)
0.05%(50W)
1kHz: 0.001%(100W)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) 0.005%(定格出力時、8Ω)
周波数特性 5Hz〜100kHz +0 -3dB(オーバーオール(Line→SP))
Phono RIAA偏差 20Hz〜20kHz ±0.3dB
SN比
Phono MM: 78dB(EIAJ)
87dB(入力ショート)
Phono MC: 73dB(EIAJ)
70dB(入力ショート)
DAT、CD、Tuner、AUX、Tape Play: 80dB(EIAJ)
110dB(入力ショート)
トーンコントロール Bass:100Hz、±10dB
Treble:10kHz、±10dB
サブソニックフィルター 18Hz、6dB/oct
バス・インテンシファイアー 9dB(20Hz)、3dB(100Hz)
ダンピングファクター 160(50Hz)
入力感度/インピーダンス
(定格出力時)
Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:200μV/100Ω
DAT、CD、Tuner、AUX、Tape Play:150mV/47kΩ
Phono最大許容入力
(Phono→Tape rec)
MM:200mV(1kHz、THD 0.05%)
MC:15mV(1kHz、THD 0.05%)
出力レベル/インピーダンス Tape Rec:150mV/220Ω
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 260W
電源コンセント 電源スイッチ連動:2個、100W
電源スイッチ非連動:1個、440W
外形寸法 幅440×高さ148×奥行398mm
重量 15kg