オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KA-5500の画像
 解説 

ICL方式や2段直結2電源構成とすることでイコライザー段の特性改善を図ったプリメインアンプ。

イコライザー段には初段FET差動増幅ICL方式を採用し位相特性や過渡特性を改善しています。
また、回路構成を2段直結±2電源構成としています。

パワーアンプ部には初段差動増幅の全段直結+純コンプリメンタリーOCL回路を採用しており、A級増幅の負荷回路を定電流化して安定性を向上sいています。

電源部にはレギュレーションの良い大型電源トランスと10,000μFの電解コンデンサーを2本採用しています。

保護回路にはASO検出型リミッターとリレーによる2重保護回路を搭載しています。

イコライザーアンプ部には、ローノイズオペアンプを使用した±2電源方式を採用しています。
CR素子がNFB回路に入っている低歪率トーンコントロールとなっており、トーンディフィートポジションではNFB回路のCR素子がはずれて直流安定度や位相特性にすぐれたバッファアンプとなります。

初段FET差動増幅ICLイコライザー段、選択NFB型トーンコントロール、全段直結純コンプリメンタリーOCLパワーアンプと、全段に±2電源方式を採用し、回路の安定化を図っています。

出力が直読できる左右独立パワーメーターを搭載しています。
W直読式で0.01W〜60Wまでを読め、メーターレンジは60W・3Wと切換えが可能です。

サブソニックフィルターや-20dBアッテネーターを搭載しています。

ボリュームには41クリックのディテントボリュームを採用しています。

別売りでブラジリアンローズ仕上げのウッドケースがありました。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
定格出力(両ch動作) 20Hz〜20kHz:55W+55W(8Ω)
1kHz:60W+60W(8Ω)
全高調波歪率 0.1%(定格出力時、8Ω)
0.06%(1W出力時、20Hz〜20kHz、8Ω)
混変調歪率 0.1%(定格出力時、8Ω)
出力帯域特性(IHF) 5Hz〜40kHz
SN比(IHF Aカーブ使用) 100dB
ダンピングファクター 30
最適負荷インピーダンス 4Ω〜16Ω
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス phono:2.5mV/50kΩ
tuner、aux、tape play:150mV/50kΩ
最大許容入力(1kHz、0.1%) phono:210mVrms
出力レベル tape rec(pin):150mV
SN比 phono:76dB(5mV入力)
tuner、aux、tape play:90dB
周波数特性 phono:RIAA偏差 ±0.3dB
tuner、aux、tape play:20Hz〜40kHz +0 -0.5dB
トーンコントロール bass:±10dB(100Hz)
treble:±10dB(10kHz)
サブソニックフィルター 18Hz、12dB/oct
<総合>
電源コンセント 電源スイッチ連動:2系統
電源スイッチ非連動:1系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 145W
外形寸法 幅380×高さ140×奥行255mm
重量 10.5kg
別売 ウッドケース SRA-3000(\4,500)