オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KA-4050Rの画像
 解説 

MOS-FETを採用したプリメインアンプ。

パワー部のドライバー段にMOS-FETを採用しています。
MOS-FETは通常のバイボーラトランジスタに比べ入力抵抗が高いため、それぞれのステージの電気的結合を切ることができます。また、良好な高周波特性や小信号増幅のリニアリティの点でも優れた特性を持っています。

初段増幅部に対して、高級アンプであるL-A1で採用したスーパーC4と同じ思想の高精度差動増幅回路を搭載しています。これにより、電源回路からのノイズを混入させないという動作で、同相成分ノイズを低減し、S/Nを改善しています。
また、この初段増幅部をボリュームのすぐ近くに配置しており、パワー部の出力段や電源回路からの影響を防いでいます。

電源のグランドラインを通って侵入するノイズを防ぐため、ピュアシグナルグランドラインが採用されています。
これは、電源のグランドラインと信号系のグランドラインをアンプ内部で重複させず、スピーカーターミナルの一点にグランドラインを集中させるもので、信号系のメイングランドラインには純粋な信号だけが流れるため、よりピュアな増幅を可能にしています。

ロータリースイッチ型のインプットセレクターで起きていた経年変化を防ぐため、不活性ガス封入型リレースイッチをインプットセレクター部に採用しています。
これにより、リレーの利点である接点磨耗が少なくなる事に加え、接点部の酸化による信号の伝送ロスを排除しています。

ソースダイレクト回路やMM/MCゲイン切り替えつきフォノイコライザーアンプを搭載してます。
また、スピーカー端子にはバナナ端子対応大型スピーカー端子を採用しています。

27キーシステムリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
定格出力(20Hz〜20kHz、両ch動作) 70W+70W(6Ω、THD 0.06%)
60W+60W(8Ω、THD 0.06%)
ダイナミックパワー 120W+120W(4Ω)
90W+90W(8Ω)
全高調波歪率(CD、8Ω、60W) 0.06%(20Hz〜20kHz)
0.02%(1kHz)
周波数特性 オーバーオール(Line→Speaker):5Hz〜100kHz +0 -3dB
SN比
Phono MM: 79dB(EIAJ)
87dB(入力ショート)
Phono MC: 74dB(EIAJ)
67dB(入力ショート)
DAT、CD、Tuner、AUX、Tape Play: 80dB(EIAJ)
104dB(入力ショート)
入力感度/インピーダンス(定格出力時) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:0.2mV/100Ω
DAT、CD、Tuner、AUX、Tape Play:200mV/47kΩ
Phono最大許容入力
(Phono→Tape Rec、1kHz、THD 0.05%)
MM:120mV
MC:10mV
出力レベル/インピーダンス Tape Rec:200mV/1kΩ
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 115W
ACアウトレット 電源スイッチ連動:3系統、トータル200W
最大外形寸法 幅440×高さ136.5×奥行345mm
重量 8.5kg