オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KA-1200の画像
 解説 

機能を充実させ、使い易さを追求したプリメインアンプ。

回路構成には、メタルキャンシール・トランジスタを用いて、低雑音・高安定化を計った2段直結プリアンプを採用しています。
メタルキャンシール・トランジスタの採用と、ワイヤラッピング工法により耐久性を向上しています。

クリック式トーンコントロールやハイカットフィルター、ラウドネスコントロールを搭載してます。

保護回路としてASO検出電子プロテクションを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<メインアンプ部>
実効出力
両ch動作: 14W+14W(4Ω、1kHz)
12W+12W(8Ω、1kHz)
片ch動作: 18W/18W(4Ω、1kHz)
14W/14W(8Ω、1kHz)
ミュージックパワー(IHF) 42W(4Ω)
30W(8Ω)
全高調波歪率(8Ω) 0.8%(定格出力時)
0.2%(定格出力-3dB時)
混変調歪率(8Ω) 0.8%(定格出力時)
0.2%(定格出力-3dB時)
出力帯域特性(IHF) 20Hz〜30kHz
残留ノイズ 1mV(8Ω)
ダンピングファクター(1kHz) 30(8Ω)
最適負荷インピーダンス スピーカー:4Ω〜16Ω
ヘッドフォン:4Ω〜16Ω
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス Phono1、2:2.5mV/50kΩ
Tuner、Aux、Tape Play:150mV/50kΩ
SN比 Phono1、2:70dB
Tuner、Aux、Tape Play:80dB
録音出力レベル/インピーダンス A Tape Play(Pin):150mV/110Ω
B Tape Play(Din):30mV/80kΩ
Phono最大許容入力(1kHz) 280mVp-p
周波数特性 Aux、Tuner、Tape:20Hz〜40kHz ±2dB
RIAA偏差 ±1dB
トーンコントロール Bass:±10dB(100Hz)
Treble:±10dB(10kHz)
ハイカットフィルター 7kHz、6dB/oct
ラウドネスコントロール 100Hz:+8dB
10kHz:+3dB
<総合>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 39W
電源コンセント 電源スイッチ連動:1系統、100W
電源スイッチ非連動:1系統、200W
外形寸法 幅365×高さ117×奥行263mm
重量 5.4kg