オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

SB-M1000の画像

Technics SB-M1000 ※受注生産品
\200,000(1台、1998年頃)

解説
DDD(デュアル・ダイナミック・ドライブ)を採用したフロア型スピーカーシステム。

DDDでは、ドライブユニットとパッシブラジエーターで構成されたダイナミックドライブスピーカーを前後逆向きに配置することで、その反作用によってエンクロージャーの振動を大幅に低減し、さらに優れた低域再生を実現しています。
SB-M1000では、14cmコーン型ドライブユニット4個と18cm角型パッシブラジエーター4個を搭載しており、DDDを上下に配置することで、36cmウーファーの4ウェイシステムに匹敵する低域再生を可能にしています。

中低域には14cmコーン型ミッドローを搭載しています。
このユニットにはパルプとマイカを混抄したコンポジットマイカコーンを採用しており、大きな比弾性率と高内部損失によって素材の固有共振を抑え、高域再生能力を高めています。
また、ダンパーには新開発のダイナミック・リニア・サスペンションを採用しており、ダンパーのコルゲーションの高さを内周部と外周部で変えることによって全体の変位を均一化し、強度を増すとともにリニアリティを大幅に向上しています。

中高域には8cmコーン型ミッドハイを搭載しています。
このユニットには、ミッドローと同様にコンポジットマイカコーンを採用しています。

高域には2.5cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
振動板には、グラファイト構造を大面積で実現したスーパーグラファイトをドーム状に形成して採用しています。この素材はポリイミドフィルムを不活性ガスの中で3000度近い高温で焼成する特殊製法によって作られており、高い比弾性率と高内部損失、高音速を獲得しています。

エンクロージャーには中高域用バッフルと低域用キャビネットを分離した構造を採用しており、相互干渉の発生を抑えています。また、バッフル板と胴板には鳴きの少ないMDFを採用しています。

極太コードや4mmプラグの接続が可能な金メッキスピーカー端子を採用してます。

防磁設計を採用しています。
 
 
SB-M1000断面図 バイワイヤリング対応金メッキ端子
 
機種の定格
方式 4ウェイ・7スピーカー・DDD方式・フロア型・防磁設計
使用ユニット 低域用:14cmコーン型×4
中低域用:14cmコーン型
中高域用:8cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
パッシブラジエーター:18cm平面型
再生周波数帯域 25Hz〜80kHz -16dB(1998年頃掲載時)
25Hz〜100kHz -16dB(1999年以降掲載時)
クロスオーバー周波数 90Hz、900Hz、3.5kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB/W/m
許容入力 200W(music)
100W(DIN)
外形寸法 幅284×高さ1,190×奥行447mm(ネット付)
重量 42.0kg