オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SL-MA1の画像

Technics SL-MA1 \59,800(1986年頃)
\55,500(1989年4月改定)

解説
電子駆動トーンアームを搭載したクォーツD.D.フルオートプレイヤー。

テクニクス伝統のプレイヤー技術を基に開発された電子駆動トーンアームを搭載しており、煩わしい操作を排除すると同時にカートリッジの性能を発揮させるアーム能力を実現しています。

電子駆動トーンアームには、垂直・水平駆動用モータを1つにした、独自のD.D.アームコントロールモーターを搭載しており、演奏状態ではアーム部に駆動用モーターの負荷がかからない設計とし、モータ駆動のフルオートアームながら従来のアームと変わらない高感度アームを実現しています。
また、モーター駆動を活用したインサイドフォースキャンセラ機能を搭載し、さらにアーム軸受けには初動感度7mgという伝統の4点支持構造高感度ジンバルサスペンションを採用しています。

電子制御フルオート機構を搭載しており、レコードを載せてスタートボタンを押すだけで演奏を開始します。
レコードの有無、レコードサイズを自動検出し、回転数も自動設定し、さらに演奏が終ればターンテーブルは自動的に停止し、アームもレストに戻ります。なお、レコードの終端検出には磁気特性を利用した無接触タイプのオート機構を採用し、アームに無理な力が加わらない設計となっています。
また、レコード途中の曲を探す際のキューイングやアームの移動は全てフロントのボタン操作で可能で、これらの動作状態をわかりやすく表示するLEDマルチディスプレイをアームベース部に装備しています。

レコード途中の曲や聞きたい部分を探す際に便利なサーチ機能を搭載しており、サーチキーの押し方次第で2スピードのサーチが可能です。また、サーチを離せばそのポイントで自動的にキューダウンします。
さらに、再びレコードの頭から演奏したい場合は、スタート・ストップキーを2度押せば再スタートします。
また、繰り返し聴くためのリピート機能を搭載しています。

駆動部には一体構造D.D.モーターを搭載しています。
回転数検出には全周検出F.Gを、基準信号発生にはクォーツを採用し、優れた回転性能を実現しています。

カートリッジには、プラグインコネクタ方式のMM型カートリッジを搭載しています。
また、従来型カートリッジにも対応するため、従来カートリッジ用シェルが付属しています。

本体の底ベースは耐振性、防振特性に優れた独自の音響素材TNRCで構成しています。また、キャビネットは高密度圧縮のパーチクルボードを鏡面仕上げの木目で仕上げています。
 
 
電子制御トーンアーム構造図
 
機種の定格
型式 クォーツDDフルオートプレイヤーシステム
<ターンテーブル部>
駆動方式 ダイレクトドライブ
制御方式 クォーツ制御
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.025%W.R.M.S(JIS C5521)
0.012%W.R.M.S(回転部のみ)
SN比 81dB(DIN-B、IEC98A weighted)
<カートリッジ部>
型式 プラグインコネクタMM型カートリッジ
交換針 EPS-33CS(\3,800)
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 14W
外形寸法 幅453×高さ170×奥行408mm
重量 9.0kg