オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

X-10RBLの画像

TEAC X-10RBL ※限定生産品
\185,000(1980年発売)

解説
テープデッキX-10Rの限定バージョンとして販売されたブラックモデル。

10号リールの往復録音再生機なので、19cm/sで3時間、9.5cm速度で6時間の録音ができます。

メカニズム部にはデュアルキャプスタン方式を採用しています。2組のキャプスタンとピンチローラーがテープを挟んで駆動する事で変調ノイズを大幅に低減しています。また、左右対称の設計なため、リバース時でもフォワード時と全く同じ条件が得られ、往復とも均一のテープ走行を実現しています。

ヘッド部は、消去/録音/再生の各ヘッドを往復とも独立させた6ヘッド構成を採用しています。
ヘッドには高硬度パーマロイヘッドを採用しています。また、テープスパンを短くするため、音質には影響のない消去ヘッドをクローズドループの外部に配置しています。

前面パネルの中央にあるタイマースイッチと、市販のオーディオタイマーをセットすることで、左右どちらの方向にもタイマー録音をセットできます。

1-3/2-4トラック選択キュー機構を搭載しており、テープをかけかえることなく、必要な曲をキューイングできます。
正方向(1-3トラック)、逆方向(2-4)トラックのいずれかの走行表示ランプが点灯している時にキューイングすれば、そのトラックの頭出しが行えます。

再生ポーズ機構を搭載しています。キューイングでおおよその見当をつけてからポーズボタンを押すと、テープがヘッドにタッチし、両手でリールを回して正確な頭出しが出来ます。

モーションセンシング機構を搭載しており、早巻きからプレイボタンを直接押すと、リールに電磁ブレーキが働いてソフトに停止し、瞬時にプレイ動作に移ります。

オートリバースつまみをセットし、カウンターを0000にセットしてテープを再生すれば、その位置で逆方向から正方向に自動反転できます。この機能とオートリバースを組み合わせるだけで1日中エンドレスで再生できます。

Rec Mute機能を搭載しています。

録音/再生の両方に働くピッチコントロール機能を搭載しています。

L/R連動録音モードスイッチを搭載しています。

バイアス、イコライザー独立切換え機能を搭載しています。

別売りのキットを使用することでラックマウントが可能です。

dbxシステムの接続が可能となっており、別売りのdbxシステムDX-2Bを接続することで聴感上のヒスノイズを低減できます。
 
 
ヘッド部
 
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
ヘッド 消去×2、録音×2、再生×2(6ヘッド)
リール 26形(10号)および17形(7号)
テープ速度 19/9.5cm(±0.5%)
モーター キャプスタン:FGサーボDCモーター×1
リール:スロットレスDCモーター×2
ワウフラッター 19cm:0.03%(WRMS)
9.5cm:0.04%(WRMS)
周波数特性(総合) 19cm:30Hz〜28kHz(40Hz〜20kHz ±3dB、-10VU)
9.5cm:30Hz〜0kHz(40Hz〜16kHz ±3dB、-20VU)
SN比(総合) 63dB(3%歪レベル、聴感補正)
100dB(dbx in)
歪率(総合) 0.8%(規準レベル)
ステレオセパレーション 50dB(1kHz)
早巻時間 100秒(550mテープ)
入力 Mic:0.25mV/-72dB/適合インピーダンス200Ω以上
Line:60mV/50kΩ
出力 Line:0.45V/負荷インピーダンス10kΩ以上
Headphone:8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 70W
外形寸法 幅432×高さ452×奥行262mm
重量 20kg
別売 ラックマウントキット RM-10A(\3,500)
テープデッキスタンド CS-606(\19,800)
リモートコントローラー RC-100(\12,000)
dbxユニット DX-2B(\98,000)