オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

P-2sの画像

ESOTERIC P-2s \600,000(1994年頃)

解説
TEAC独自のV.R.D.S機構をさらに見直し、高品位化した新V.R.D.Sを採用した、CDトランスポート。

V.R.D.S.機構は、ディスクと全く同径で、微妙なテーパー角をもつターンテーブルに、高精度に調整されたクランパーがディスクを圧着し、ディスクのソリや歪を矯正するとともに、不要振動を排除しています。
さらに、ターンテーブルと同角度に調整されたピックアップにより、常にピックアップ光軸中心での微細なピットの読取りを可能としています。
P-2sでは、ターンテーブルを従来の亜鉛ダイキャストから、削り出しの真鍮+アルミの2重構造とし、2種の異なった金属を合わせて使用することで、不要な共振を排除し、さらに、ディスク圧着面のみならず、全ての面の加工精度を向上し、新採用の6mmφのシャフトと相まって高い精密度を誇るメカニズムを感性させています。
この独自のターンテーブルに、高精度ヘリコイドを介した静粛性を誇るクランパーを採用し、共振周波数と振動モードを低減しています。
また、高い磁束密度のサマリウム・コバルト・マグネットを採用した高トルク・ブラシレス・ホールモーターが高い精度で回転駆動しています。
メカニズム全体を支えるメカベースとモーター軸受ブリッジにも亜鉛ダイキャストを使用しています。軸受ブリッジは、新設計の補強リブ構造とすることで、P-2に比べ2倍の質量となっています。

STリンク、バランスを加えた5系統のデジタル出力を搭載しています。
STリンクには、AT&T社製の光変換モジュールODL50を採用しています。金メッキのダイキャストでボディをシールドすることでなめらかな音質を実現しています。
XLR端子からバランス出力が可能です。これによりノイズをキャンセルした高品位な再生が可能です。
BNC高周波用同軸コネクター、RCA、TOSリンク等の端子を装備しています。

重量級の2重シャーシを採用しています。
最厚部18mmのアルミ削り出しフロントパネルと強固にジョイントし、優れた振動減衰性を備えています。

トレイ部は、金メッキのトレイトップにシルバーの刻印部を設け、ネクステル仕様のアルミ削り出しディスクトレイを採用しディスクを保護しています。

LCフィルターモジュールを用いて不要振動の原因となる帯域を急峻にフィルタリングし、サーボ電流を約60dB減衰させることで、光学系メカニズムの振動を排除し、静粛性の向上を図っています。

高精度パルス検出サーボモーターにより、トレイのスピードをIN/OUT別々に、自由に変えることのできるD.V.S.C.(Disc-Tray Variable Speed Control)機構を搭載しています。
スピードコントロールはサイドパネルにあるボリュームにより行います。

伝送系線材にはパルスやデジタル信号の伝送に優れた特性を持ち、帯域バランスの良いPCOCCを採用しています。
また、回路基板には耐久性に優れ、経年変化に強い両面スルーホールでパターン部が金メッキのガラスエポキシ基板を採用しています。

ディスプレイの明るさはサイドパネルのボリュームで、好みの明るさに無段階調節が可能です。
また、リモコン操作によりディスプレイのON/OFFも可能です。
 
 
リアパネル
V.R.D.S.メカ 6mmシャフトと真鍮+アルミ2柔構造ターンテーブル(グリーンに染色されたターンテーブル面)
トレイ部 AT&T社製光変換モジュールODL50
 
機種の定格
型式 CDトランスポート
デジタル出力
Optical(光): STリンク×1:-15〜-12.5dBm
TOSリンク×1:-21〜-15dBm
Coaxial(同軸): BNC×1:0.5Vp-p/75Ω
RCA×1:0.5Vp-p/75Ω
Balance(バランス): XLR×1:4Vp-p/110Ω
機能 ダイレクトサーチ:Track/Skip/Index/Time
タイム・サーチ:10キー入力
プログラム:40prog.(RANDOM)
デリート・プログラム:40prog.(RANDOM)
リピート:1/ALL/Program/A-B
ディスプレイ:Total No./Playing No./Prog. No./Index No.
タイム・ディスプレイ:Each
リメインタイム・ディスプレイ:Total/Each
電源 100V、AC50/60Hz
消費電力 18W
外形寸法 幅225×高さ134×奥行490mm(突起部含む)
重量 14kg