オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-6300の画像

TEAC A-6300 \176,000(1974年頃)

解説
4トラック方式と10号リールを組み合わせ、さらにオートリバースやカウンターリピート再生機構を備えたテープデッキ。

オートリバース再生機構を搭載しており、連続して往復再生が可能です。テープを反転させたい箇所にセンシング箔を貼っておけば、自動的にフォワード(正転)からリバース(逆転)に反転します。
リバース時には遅延回路が働き、キャプスタンモーターが定速になってからテープが走行する設計となっており、テープを保護しています。

カウンターリピート再生機構を搭載しており、オートリバースと組合わせることで何回も繰り返し再生が可能です。
この機能は、リピートさせたい箇所でカウンターを0000にセットすることで、自動的にリバースからフォワードに戻ります。

片手で操作できるボタンレイアウトを採用しています。RECとPAUSEのスイッチを同時に押して録音待機し、その後プレイボタンを押すと録音がスタートします。
また、再生中に録音したい位置がくれば、テープを一時停止させずに録音に入れる後追い録音も可能です。これにより、曲と曲との間のクリックノイズも少なく、連続して録音することが可能です。

ローノイズテープに対応するため3J機構(Just Bias/Just Equalizer/Just Level)を搭載しています。
この機構では、バイアス、イコライザー、レベルを切り換えるスイッチをそれぞれ独立させ、テープに合った最適なポジションにセットできます。

ヘッドには、磁束の飽和レベルが高く、さらに磨耗の少ない高硬度パーマロイヘッドを採用しています。
ヘッドの形状はハイパボリック形となっており、安定したヘッドタッチを得るとともにコンターエフェクト(形状効果)を少なく抑えています。

厚手のアルミパネルに大型モーターやフライホイールを固定することで、耐久性を高めてます。

低レベルが読みやすいエキスパンデッドスケールのVUメーターを搭載しています。

レベルセットに便利なメモリーマーカーを搭載しています。

10号リールの装着が簡単なリールクランパーを採用しています。

別売りのタイマーコントロールアダプターとタイマーを組合わせることで、タイマー録音・再生が可能です。

別売りのリモートコントローラーを使用することで、離れた場所からの操作も可能です。
 
 
高硬度パーマロイヘッド
 
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
ヘッド 4ヘッド
リール 26形、17形
テープ速度 19cm、9.5cm
モーター 3モーター
キャプスタン用:2速度ヒステリシスシンクロナスモーター
リール用:エディカレントインダクションモーター
ワウ・フラッター 19cm:0.06%
9.5cm:0.09%
周波数特性 19cm:30Hz〜28kHz
9.5cm:30Hz〜20kHz
SN比(3%THDレベル、WTD) 58dB
歪率(規準レベル) 1%
ステレオチャンネルセパレーション 50dB(1kHz)
入力 Mic:0.25mV/-72dB(600Ω以上)
Line:0.1V/50kΩ
出力 Line:0.3V/10kΩ以上
Headphone:8Ω
外形寸法 幅440×高さ520×奥行210mm
重量 22kg
別売 アクリルカバー TZ-460(\5,500)
リモートコントロールユニット RC-140(\10,500)
タイマーコントロールアダプター RC-320(\8,000)
ポータブルケース CS-434A(\20,000)