オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-6100の画像

TEAC A-6100 \179,000(1974年頃)

解説
本格的な生録音や編集機能を搭載したテープデッキ。

信号の平均値を指示するVUメーターに加え、信号の最大値(ピーク値)を監視するピークレベルインジケーターを搭載しています。
A-6100のピークレベルインジケーターは、発光ダイオードにより短いパルス信号に応答しています。さらに、記憶保持回路により70ms(7/100秒)だけ一定の照度で点灯し、検知しやすくなっています。
また、テープのピークマージンはテープの種類やテープ速度によって変わるため、速度切換機構やメーターレンジ切換機構と連動して点灯レベルが4段階に切り換えられます。

3段切換式(0、15、30dB)のマイクアッテネーターを搭載しており、過大入力を適正レベルまで減衰させてマイクアンプに送り込めるため、歪の少ない録音が可能です。

マイクボリュームのホワイトマーキングが可能です。
ホワイトマーキングの位置までマイクボリュームを絞ってもVUメーターが0VU付近を指しているときは過大入力となっています。この場合はマイクアッテネーターをINに切り換えする必要があります。

マイクアンプの初段に雑音特性の優れたFETを厳選して採用しており、ノイズを提言しています。

ロックができるキュー機構を搭載しています。早送り(FF、REW)の状態でキューレバーを押し上げるだけで音がモニターできます。
レバーを押し上げてロックするとテープがヘッドにタッチする構造となっています。この時リールを手で回せば、頭だしや編集したい性格な位置を見つけることができます。

開閉できるヘッドハウジングを採用しています。
これにより、デルマトグラフで編集箇所に印をつける作業が容易に行え、ヘッドクリーニングも簡単に行えます。

カウンターのプリセット位置で停止するメモリーオートストップ機構を搭載しています。
編集したい位置でカウンターを0000にプリセットし、メモリーオートストップをONにしておけば、リワインド時にテープがプリセットした位置で自動的に停止します。

デッキ後面のスライドスイッチで、定格出力を0.3Vと0.775Vに切換えできます。

ヘッドには高硬度パーマロイヘッドを採用しています。

ローノイズテープの性能を生かすため3J機構(Just Bias/Just Equalizer/Just Level)を搭載しています。
この機構では、バイアス、イコライザー、レベルを切り換えるスイッチをそれぞれ独立させ、テープに合った最適なポジションにセットできます。

4トラック再生ヘッドを搭載しています。

レベルセットに便利なクリックストップ付きのメモリーマーカーを搭載しています。

正確な0VUレベルを表示するアウトプット0VUマーカーを搭載しています。

別売りタイマーコントロールアダプターを組合わせることでタイマー録音・再生が可能です。

別売りのリモートコントロールユニットを使用することで離れた場所から操作が可能です。

別売りでポータブルケースがありました。
 
 
開閉式ヘッドハウジング
 
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 2トラック・2チャンネル
4トラック・2チャンネル再生
ヘッド 4ヘッド
リール 26形、17形
テープ速度 38cm、19cm
モーター 3モーター
キャプスタン用:2速度ヒステリシスシンクロナスモーター
リール用:エディカレントインダクションモーター
ワウ・フラッター 38cm:0.04%
19cm:0.06%
周波数特性 38cm:25Hz〜28kHz
19cm:25Hz〜28kHz
SN比(3%THDレベル、WTD) 60dB
歪率(規準レベル) 1%
ステレオチャンネルセパレーション 50dB(1kHz)
入力 Mic:0.25mV/-72dB(600Ω以上)
Line:0.1V/50kΩ
出力 Line:0.3V、0.775V/10kΩ以上
Headphone:8Ω
ピークレベルインジケーター点灯レベル
テープ速度 メーターレンジ切換 点灯レベル
38cm High +11VU
Normal +8VU
19cm High +9VU
Normal +6VU
外形寸法 幅440×高さ520×奥行210mm
重量 22kg
別売 アクリルカバー TZ-460(\5,500)
リモートコントロールユニット RC-120(\10,500)
タイマーコントロールアダプター RC-320(\8,000)
ポータブルケース CS-434A(\20,000)