オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-4300の画像

TEAC A-4300 \125,000(1973年頃)

解説
テープの録音特性を高める3J機構に加え、操作性、機能性、多用途製などの全てを高めたテープデッキ。

3J機構(Just Bias/Just Equalizer/Just Level)を搭載しており、ローノイズテープとレギュラーテープに最適なバイアスとイコライザーを与える独立した切換スイッチを搭載しています。さらに、録音レベルが3dB高くとれるレベル変換スイッチにより、ローノイズテープの3〜5dB広いダイナミックマージンを生かしています。

ダブルスケールのエキスパンデッドVUメーターを搭載しています。
このメーターはレベル切換スイッチと連動しており、仕様するテープによってレベルの最高が+6VU(High)と+3VU(Normal)に使い分けられます。

ヘッドには、コアの加工精度や組立に対する配慮により、ギャップ直線性を向上させた高硬度パーマロイヘッドを採用しています。このヘッドはハイパボリック形のためヘッドタッチが完全となり、コンターエフェクト(形状効果)による低域の乱れを抑えています。
また、録音された内容をそのままモニターできる3ヘッド方式を採用しています。

ポーズボタンを搭載しており、Recとポーズを同時に押せば録音待機、Playボタンで録音スタートとなります。
また、再生中に途中から録音状態に入れる後追い録音も可能です。

カウンターリピート機能を搭載しており、リピートさせた任意の箇所でカウンターを0000にプリセットし、オートリバース再生用のセンシング箔とセット個所の間を自動的に繰返して聞くことができます。

メモリーマーカーを搭載しており、最適レベルをプリセットしておけば、ボリュームの位置をその都度記憶する必要がありません。

クイックロック・リールクランパーを採用しており、シャフトを右に回すだけでリールのセットが可能です。

リールの厚みの違いでテープが痛むのを防ぐため、リール台高さ調整機構を搭載しています。
リール台のネジをドライバーで回すことで調整できます。

キューアウト端子を搭載しており、再生機A-4300のオートリバース信号によって録音機(A-4070GまたはA-4070)がオートリバースします。

2系統の入出力端子を搭載しています。

テープの立ち上がりをスムーズにするオイルダンプ式テンションアームを採用しています。

マイクとラインのミキシング録音が可能です。

フロントパネルにはステンレスを採用しています。

テープが巻終わるとメカニズムが自動的に停止するシャットオフアームを搭載しています。

プログラムの位置の記憶や頭出しに便利な4桁のインデックスカウンターを搭載しています。

別売りでリモートコントローラーやタイマーコントロールアダプターがありました。
 
  
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
リール 17形(7号)、12形(5号)
テープ速度 19cm、9.5cm(±0.5%)
モーター キャプスタン用:2速度ヒステリシスシンクロナスモーター×1
リール用:エディカレント・インダクションモーター×2
ヘッド 消去・録音・再生・リバース再生の計4個
ワウフラッター 19cm:0.06%
9.5cm:0.09%
早巻時間 160秒(550mテープ)
周波数特性 19cm:30Hz〜28kHz(40Hz〜24kHz ±3dB)
9.5cm:30Hz〜20kHz(40Hz〜16kHz ±3dB)
SN比 55dB
歪率 1%(基準レベル)
クロストーク 60dB(1kHz)
チャンネルセパレーション 50dB(1kHz)
入力感度/インピーダンス マイク:0.25mV(-72dB)/適合マイク600Ω〜10kΩ
ライン:0.1V/50kΩ
出力レベル/インピーダンス ライン:0.3V/10kΩ
ヘッドホン:8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 90W
外形寸法 幅440×高さ488×奥行216mm
重量 23kg
別売 ヘッド&ラバークリーナー TZ-251(\700)
ヘッドイレーサー E-1(\2,500)
17形リール(シングルパック用) RE-701(\400)
17形リール(ツインパック用) RE-702(\400)
17形金属リール RE-711(\1,000)
アクリルカバー TZ-430(\3,000)
リモートコントロールユニット RC-140(\7,500)
タイマーコントロールアダプター RC-320(\5,500)
デュプリシンクコード WR-100(\1,000)