オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-4010Sの画像

TEAC A-4010S \99,800(1967年頃)

解説
独自の3モーター、4ヘッド、箔センシングオートリバース装置を採用したテープデッキ。

駆動部は、テープ駆動用、巻戻し用、巻取り用でそれぞれ独立したモーターを搭載しています。
キャプスタンモーターには4極8極の2速度モーターを採用しています。また、テープ速度の切換にともなうイコライザーの変更も同時に行なわれます。
また、リールモーターにはTEACが独自開発した6極エディカレント・アウターローターモーターを採用しており、安定した回転を実現しています。

ヘッド部には、4トラックのステレオテープを自動的に往復再生するため、逆方向送り再生専用ヘッドを追加した4ヘッド構成としています。また、ヘッドは表面をハイパボリック形状としており、精密加工による3ミクロンギャップ(再生)としています。完全な前面シールドによって広い周波数特性とクロストークを得ています。

操作部にはプッシュボタン方式のシンメトリカルコントロールシステムを採用しています。
このシステムでは正方向/逆方向の再生、両方向の早送り、停止の動作がT型に配置された4個のボタンで行う事ができます。

テープの背面にセンシング箔をはることで、希望の位置で自動的に逆転再生を行うことができます。

テープの厚さによってバックテンションが2段に切換えられるようになっています。

自動停止機能を搭載しており、巻戻しまたは逆方向が終わると、テンションアームに連動したスイッチが働いて自動的にメカニズムが停止します。

マイク入力とライン入力の録音レベル調整が独立しており、ミキシング録音が可能です。

VUメーターを搭載しています。

バイアス発振周波数を100kHzと高くすることで、録音の周波数特性を拡大し、FM放送とのビートノイズを防いでいます。

イコライザーはNAB規格を採用しています。

ソースとテープを切換えるモニター切換スイッチを搭載しています。

DINコネクター端子を搭載しています。

4桁のインデックスカウンターを搭載しています。

別売リモコンを利用して離れた場所から操作できます。
 
 
使用モーター ヘッド部
 
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
ヘッド 4トラック・2チャンネル消去、録音、再生、リバース再生(4ヘッド)
リール 最大17形(7号)
テープ速度 19cm、9.5cm(±0.5%)
モーター 4極/8極2速度ヒステリシスシンクロナスモーター
6極エディカレント形アウターローターモーター×2
ワウ・フラッター 19cm:0.12%
9.5cm:0.15%
早巻時間 約90秒(370mテープ)
周波数特性 19cm:30Hz〜20kHz(50Hz〜15kHz ±3dB)
9.5cm:40Hz〜12kHz(50Hz〜7.5kHz ±3dB)
イコライゼーション 19cm:50μs
9.5cm:90μs
SN比 50dB
クロストーク チャンネル間:50dB(1kHz)
トラック間:40dB(100Hz)
入力 Mic:10kΩ、最小0.25mV
Line:100kΩ、最小0.14V
出力 1V(出力負荷10kΩ以上)
ヘッドホン 10kΩ以上
電源 AC100V/117V/220V、50Hz/60Hz
消費電力 110W
外形寸法 幅443×高さ442×奥行216mm
重量 20kg