オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-250の画像
 解説 

A-350の姉妹機に当たるドルビーシステムを内蔵したステレオカセットデッキ。

ドルビーシステムは、録音時に中高域のピアニシシモだけを取り出して、自動的にレベルを上げて録音します。
そして、再生時には逆に中高域の成分だけレベルを下げて再生します。これによりテープヒスもレベル差分だけ低減しています。
A-250に採用しているドルビーシステムのBタイプでは、テープヒスやトランジスタノイズ成分の多い中音以上だけをを圧縮・伸張することでSNを改善しており、テープヒスとデッキのトランジスタのノイズを抑えています。

ヘッドにはHD(ハイデンシティ)フェライトヘッドを採用しており、従来のパーマロイヘッドに比べ硬度が高いため、耐摩耗性に優れており、寿命を長くしています。
また、ヘッド特性に一番影響を与えるギャップ部は、超精密研削装置により高精度加工を行っているため、直線性を改善し、位相差を少なく抑えています。
さらに、テープが接触するコア部だけでなく、コア部以外もフェライトで覆われており、鏡面仕上げを行う事でゴミがつき難くなっており、独自のハイパボリックカーブと相まって優れたヘッドタッチを実現しています。

モーターにはカセット用に開発したヒステリシスシンクロナスアウターローターモーターを採用しています。
アウターローターモーターは、ローター(回転子)がステーターの外側で回転するため、フライホイール効果により回転ムラが少ない上、リーケージフラックスや発熱量が少なく、起動トルクが強いなどの特徴を持っています。

テープセレクターを搭載しており、スイッチを切換える事で、一般のテープとクロームテープそれぞれの特性を生かした録音が可能です。

従来のようにただ抵抗を使って減衰するライン入力ではなく、マイク入力とライン入力を切換えられる独立した回路を搭載しています。これにより、録音アンプのSN比を15dB以上改善しています。

エキスパンデッドスケールのVUメーターを搭載しており、フルスケールで約+6VUまで監視が可能です。

テープ走行表示ランプを搭載しています。

録音時に左右単独で調整できるスライドボリュームを搭載しています。

専用アンプ付ヘッドホン端子を搭載しています。

3桁インデックスカウンターを搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック形式 4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
使用テープ C-60、C-90タイプ
テープ速度 4.8cm/s
モーター ヒステリシスシンクロナスアウターローターモーター
ワウ・フラッター 0.15%
早巻時間 90秒以内(C-60テープ)
周波数特性 30Hz〜16kHz(クロームテープ)
30Hz〜13kHz(ノーマルテープ)
SN比 NR Out:50dB
Dolby In:58dB
入力感度/インピーダンス ライン:0.1V/50kΩ以上
マイク:0.25mV/-72dB/600Ω〜10kΩ
出力レベル/インピーダンス ライン:0.3V/10kΩ以上
ヘッドホン:8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 16W
外形寸法 幅423×高さ103×奥行250mm
重量 4.5kg