オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-2420の画像
 解説 

再生専用のテープデッキ。

4トラック4チャンネル、4トラック2チャンネル、2トラック2チャンネル、フルトラック、モノラルの再生が可能です。

箔センシング方式によるオートリバース再生が可能です。
また、テープの初めにセンシング箔を貼り、REPEATスイッチをONにして再生すれば、連続再生が可能です。

A-2420のキューアウト端子とテープデッキA-4070のリモート端子を別売りのデュプリシンクコードWR-100で接続することで、A-2420のリバース動作時にA-4070がキューの信号を受けて同時に自動的にリバース録音を続けます。

メカニズム部のキャプスタンモーターには4極・8極2スピードのヒステリシス・シンクロナスモーターを使用しています。ダイナミックバランスをとった大型キャプスタンフライホイールと相まって、安定したテープ走行と優れたワウ・フラッター特性を実現しています。
また、リールモーターにはハンティングが少なく、起動トルクの強い6極エディカレントタイプを使用しています。

バイアス切換機構を搭載しており、ローノイズテープの性能を生かした録音が可能です。

リール台の高さ調整機構を搭載しています。
リール台のシャフトをプラスドライバーを使って左右にまわす事で調整できます。

5mm厚のアルミトップパネルを使用し、さらに側面にはダイキャストの強化フレームを採用することで、耐久性を高めています。

Rec.Pause機構を搭載しています。
このメカニズムでは、録音の前に操作レバーをポーズの位置にセットし、録音ボタンと矢印ボタンを押します。レバーをPlayの直ちに録音を開始します。また、録音中操作レバーをポーズにすると、録音アンプは動作したままテープは一時停止し、PLAYに切り換えると再び録音を開始します。

テープリフター固定機構を搭載しています。

4桁のインデックスカウンターを搭載しています。

機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式(再生のみ) 4トラック・4チャンネル
4トラック・2チャンネル
ヘッド 再生(4ch/2ch兼用)
リール 17型(7号)および12型(5号)
テープ速度 19cm、9.5cm(±0.5%)
モーター キャプスタン用:2速度ヒステリシス・シンクロナスモーター
リール用:エディカレント・インダクションモーター×2
ワウ・フラッター 19cm:0.08%
9.5cm:0.10%
周波数特性 19cm:30Hz〜22kHz(40Hz〜18kHz ±3dB)
9.5cm:30Hz〜16kHz(40Hz〜10kHz ±3dB)
SN比 55dB
歪率 1%(規準レベル)
クロストーク 60dB(1kHz)
ステレオセパレーション 50dB(1kHz)
早巻時間 90秒(370mテープ)
出力 Line:0.3V/負荷10kΩ以上
電源 AC100V/117V/200V/220V/240V、50Hz/60Hz
消費電力 140W
外形寸法 幅440×高さ383×奥行203mm
重量 17kg
別売 デュプリシンクコード WR-100(\1,000)